ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鈴鹿エンデューロ チーム8hr

本日、鈴鹿エンデューロ チーム8hr

次女のピアノ発表会とブッキングして、

途中参加させて頂きました。

※準備に携わって頂いた方有難うございました。

 

ピアノの発表順が前半だったので、

見届けて直ぐに鈴鹿サーキットに向かう。

 

高速渋滞で途中から下道で手こずる。

 

11:40頃に到着。

チームは先頭集団に残っている。

 

ピット位置も無理を言って、

希望の場所を押さえて貰った。

ほんとすいません。

 

ここからは厳しい現実を突きつけられた為、

端折ってレース状況を。

 

確か12:00で4hrのレースゴール後、

集団から遅れてしまう。

 

シケイン上りきって、

その後に切れたと思われる。

 

そこから、スクランブル指示あり。

1周交替で2名で追いかけるも

差は広がる。

 

自分としては、

集団に対し一人で追うのは

絶対に追いつかないのと、

貴重な脚を浪費するので、

敢えて1周差で集団と走る事を選択したかった。

 

現実は厳しく、切れた時点でレースは終わった。

あとは、より高い順位でゴールすることだけ。

 

先頭集団と後続との間の宙ぶらりんな位置で暫く

走り繋いでいく。

 

自分の番が来た。

1周目は単独走でタイムを見ながら、

前走者と同じくらいのタイムを目標に走った。

脚が合う走者は見つからずTT走。

 

2周目のシケインで先頭集団が後ろに来ているとの指示があり

調整して走る。

 

高架付近で先頭集団にジョイントする。

そこから先頭集団と共に走る。

 

3周目に入る。

一定ペースでは無く、奮い落としのペース上げ下げがある。

ホームストレートの上り中盤からスピードアップが始まる。

なんとかついていく。

 

4周目に入り、またしても

ホームストレートの上り中盤からスピードアップが始まる。

シケイン付近で集団崩壊する。

なんとか生き残ったが、

その後の下りでもスピードアップし脚が攣った。

 

そこから遅れてしまう。

申し訳ない限り。

 

そして後続の走者に交替。

今日は寒い上に風が強く、力の差がはっきり出てしまう。

ドラフティング効果が小さい。

 

2回目は、残り40分くらいの所。

2周差がついてしまったが、

ここも先頭集団にジョイント出来た。

 

最後の戦いになっており、

スピードの上げ下げが半端ない。

完全に振るい落とし。

 

上り後半上げて、

下りで更に上げてくる。

シケイン立ち上がりが

一番注意しないといけない。

 

なんとか付いて2周走る。

先頭3人は明らかに強かった。

 

2周で交替し最終走者へ繋ぐ。

先頭集団で感じたのは

速いだけでなく、考えて走っている。

 

結果は10位/約480チーム

 

寒くて風の強い、

そして厳しいレースでした。

 

ドイツから応援に来てくれたマヌエルに

いい所見せれなかったのは残念。

 

いろいろな思いはあるが、

今日の為にチームみんなが時間を作って練習し、

繋いでいくっていうのは、

やっぱり熱い。結果はどうであれ

一生懸命は楽しい。

 

 

このチームで、

初めてエンデューロ走ったメンバーもいて、

今日はいい指標になったと思う。

 

 

準備に携わって頂いた方

有難うございました。

 

そして走れなかったが復活を待っている。

 

 

練習会にも参加してくれる

H原くん8hr優勝。凄すぎる。

本当に尊敬する。