読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

秋の鈴鹿 備忘録

秋の鈴鹿惨敗でした。

他のチームの方から”鷹組さん何があったん?”

と声をかけて頂きました。

 

今回は完敗。

でも次までに、何が足らないかを冷静に考えて

正しい方向性に向かって練習する必要があります。

あまり見たくないが数値と向き合う。

 

f:id:R306_25:20151115100804p:plain

17周目以降、先頭集団から落ちたため

当たり前ですが以降、タイムを上げる事が出来なくなった。

18周目に優勝チームもタイム落ちているので、

交代タイミングを1周ずらせば状況は変わったかも。

 

1位の平均タイムは8:33秒(交代も含まれている)

目標としては8:30秒/周で走る力が必要。

f:id:R306_25:20151115100829p:plain

 

交代周回(タイムから推測)

1人目は8周回走っている。

以降、5周前後で交代している。

よって、1人5周回は走れる能力が必要。

f:id:R306_25:20151115102838p:plain

結論とし、 

8:30秒*5周回=42.5分

8:30秒/周で45分走れる能力が必要。

 

 

また6人で交代した場合、57周走るとして、9.5周/人走る必要がる。

10周は走れる能力が必要。

つまり8:30秒/周で45分走を2Setこなせるようにする。

 

 

自分としては、最後の6周回を走らせて貰って、

先頭集団について行く事は出来たが、

1位のチームの方の逃げに乗っかって1周走らせて貰ったが、

後ろについて行くだけで精一杯だった。

先頭交代、数回で切れて、後ろの追走集団に乗っかった。

f:id:R306_25:20151115103448p:plain

 

1位のチームの方とのFTPの差は恐らく5%~10%前後。

これを詰めるのは2年かかる。

でも無理な数字では無い。

 

ずっとスポーツをやって来て失敗の連続だった。

もう回り道をしている時間は無い。

速い人は理由があるはず。

ロジカルシンキングで最短距離で成果を上げて行く。