読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

次への課題

平田クリテC1の平均時速の公式発表があった。

尋常じゃない。※減速コーナー4つ。

 

f:id:R306_25:20160727101752p:plain

 

走っていて余裕が無かったので、

レースの全体像が把握出来ていなかったが、

写真を見て少し繋がってきた。

 

f:id:R306_25:20160724113417j:plain

 

 

写真以下を引用させて頂きました。

 

 

DSC_8136

 

 

 

最初の数周で逃げが発生。引くチャンプ

追走集団後方で耐える自分。

f:id:R306_25:20160724114828j:plain

 

周回を重ね逃げ続ける先頭集団

f:id:R306_25:20160724120106j:plain

 

追走集団。そして最後の集団で後続はいない。

f:id:R306_25:20160724120118j:plain

 

ローテしてタイムギャップを埋めようとする。

 

f:id:R306_25:20160724120123j:plain

 

半分を超えたあたりから、パワーかかり過ぎて腰の痛みを感じて、

ハンドル2.5mm下げた事を後悔。

体重軽いので不利なのに、

若手がガンガン牽く。前に追いつく事を諦めていない。

f:id:R306_25:20160724115457j:plain

 

 

 余裕ない。

f:id:R306_25:20160724121040j:plain

 

この後も集団人数が減り、

前からも人が降ってくる。

 

残り数周で、先頭集団と思われる人達が、

第2コーナーで落車。2名程STOPしていた。

 

追走集団+前から降ってきた人で、

最後スプリントとなる。

 

逃げ集団のペースが速かった事もあり、

コーナースピードが速く落車が多かったのも

走っていた自分としては良くわかる。

 

C2まではコーナーは得意な方だと思っていたが、

まさかのコーナリングスキルが

C1レベルになると不足していた。

 

また第2コーナーの立ち上がりが、

前と同じラインを通っているのに、

立ち上がりで遅れて、パワーの差を感じる。

 

ロープロファイルリムで最初の一踏み、二踏みで、

ホィールの剛性が足りない感じがした。

それ以外はロープロファイルでも問題ない。最後のスプリントも。

当然、先頭牽くのは不利。そして集団から切れたら終わり。

 

ホイールもいつ破損するか分からないし、

高額投資も回収できそうにないので

今のまま頑張って、スポークテンションを上げて貰おう。

(いつもの神頼みでお願い)

 

 

パワーある選手は何やっても速いけど、

残念ながら自分は無いので、

総合的なスキルでカバーしていかないと

太刀打ちできない。