読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

平田クリテC3結果

今月の平田クリテもちろん参戦してきました。

カテゴリーはC3。

家族の応援は。。。なし。

 

次女に来てくれないのと聞いたら”心の中で応援する”と

保育園らしからぬ大人の回答が返ってきたので、

少し戸惑った。

 

今日のレース目標としているMNさんがC2へ上がっていって、

少し寂しいが、自分の今の実力からして

C3で実績を積む事が今やるべき事。

 

C3には私と、身内のMSのエースキラーさん。

マークするのは前回1位の高校生の子。

ネロンガくんは負傷で本日はDNS。残念。

でも応援に来てくれた。ありがとう。

 

スタート前、リアの変速不良が気になる。

自分で調整しきれないレベル。

サンコーさんに行く時間も無く2か月程調子悪く、

特にレース用で使用しているDURA WH7900との相性が悪い。

それはそれで走るしかない。

 

今日は無風。そして暖かく、

今年初の指切りグローブでレースが出来るのが、

嬉しくテンションが上がる。

 

スタート2周回は意外と心拍上がってきつかった。

加えてコーナー立ち上がりで変速が決まらず、

1段上げるのに2回シフトしないと上がらず少しロス。

 

マークしている子のスプリント力を知っているので、

それを踏まえて基本は最後勝負で。

 

6周回目くらいに第3コーナー手前から、

一度アタックを掛け逃げを試みるも上手く決まらず。

 

更にSTさんが逃げますか?と

3人くらいで回すもやはり逃げる事が出来ず。

 

暫く中盤に埋もれて最終周回。

第2コーナーから先頭集団に追いついて、

そのまま第3コーナー先頭で入り、

第4コーナーそのまま立ち上がる。

 

私、MSエースキラーさん、STさん、

マークしている高校生の子の4人。

この4人での勝負になる。

 

暫く牽制入り、記憶が曖昧だが、

私が4番手で2番手にエースキラーさん。

確か3番手に高校生の子。

残り200メートル付近で、高校生の子がスプリント。

 

2番手以降少し離される。

自分もアタックするがエースキラーさんとラインかぶる。

エースキラーさん曰くそれを理由にしていたら、まだまだと。

それはおっしゃる通りだと自分でも自覚してます。

 

ライン変えてスプリントして、高校生の子に少し追いつくも

フィニッシュラインを向えて2位で追える。

エースキラーさん3位。

3月の平田クリテも勝てずに終わった。

 

つづいてC2。

リーダーとカテる・シバンスさんが出場。

 

早く帰宅予定だったが、

レースを見ていたら、なんじゃこりゃーです。

リーダー鬼引きからの後続以下突き放す走り。

 

シバンスさん温存の作戦かと思いきや、

次の周はシバンスさんが牽きまくり。

なんじゃこりゃー。

 

作戦無しの生き様を表したかのような展開で。。。

最終周もリーダーが先頭で逃げる。

第1コーナー、第2コーナー、そしてバックストレート。

追走がペースアップして追う。

ここから見えない場所へ。

 

フィニッシュライン誰が帰ってくるのか。

集団が見えてきた。鷹ジャージも見える。

最後、勝てる・シバンスさんがスプリント。

微妙な差。後から聞いたら、惜しくも3位との事。

 

今日のトピックスとしては、

自分が目標とするMNの弟子のミッシーくんがC4優勝。

少しモチベーションを落としていたらしいが、

嫌でも上がるでしょ。なんたって19歳。羨ましい。

 

帰宅後、娘のプリキュアの映画送迎。@イオン桑名

待ち時間にサンコーさんへ自転車の変速を見て貰いに行く。

いつも通り的確な判断と対応であっと言う間に

最高の変速マシンに。

 

原因はエンドが少し曲がっていたのと、

ワイヤーが若干伸びていた。

 

3人目が家の中で暴れまわるので、

家のいろんな所にトラップをしかけた。

 

まず、階段の前にベビーゲイトなる柵。

引き戸も開けるのでチャイルドロック

引き出しもチャイルドロック

 

悔しそうな3人目の顔が印象的だった。

しかし戦いはこれからである。

 

母親の昔の日記に、

7歳の自分が5歳の弟の自転車の補助輪を勝手に外して、

5歳の弟が直ぐにのれるようになって、

そのまま2人で友達の家に自転車で遊びに行ったと書かれていた。

今の時代じゃ考えられん。