ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

バイク30キロ

先週の平田クリテのダメージと

早朝からの激務で平日は何もできなかった。

年齢的に無理は禁物。20代に戻りたい。

 

昨日の夜、

土曜が次女の参観日である事を知る。

 

小学校のお父さんで

自転車やってる人とTOJの話や、

最近のレースの話しなどする。

 

嫁に自転車ばかりやっていて

怒られてないか心配される。

 

レースの逃げは苦手だけど、

そこの逃げは得意と答えた。

 

 

夕方に土曜日のルーティンとした

二ノ瀬峠へ。

 

https://www.instagram.com/p/BVb3896hh7r/

 

ミッション コンプリート‼

 

 

 

 

 

平田クリテC3&C1

まずは土曜日から。

 

エンデューロの打ち上げだったが、

諸般の事情で出席出来なくなった。

エンデューロはレースと打ち上げがセットなのに残念。

 

本日、日曜日。

平田クリテ。2ヶ月振りの出場(前回エンデューロとブッキング)

 

コンディション的にはGW等もあり走り込みが出来たので

ピークに来ているとは思う。ここ以上、上げるのは時間的に困難。

 

ただ先週の早朝からの鬼残業と昨日の二ノ瀬峠の疲れが、

リセットされていない。

 

ただ、レースになれば強制的に脚回させられるので

スタートラインに並んだら最後、走りきるだけ。

 

気合のトリプルエントリー

まずはC3。カナンくんと

 

8周回(17キロ程度)

C3だけどペース速く、年々レベル上がっているような気がする。

若い人が圧倒的に増えている。

 

ただコーナーでやたらインを攻めたがる傾向の人がいて、

2人、もしくは3人で回ろうとする。

結局、立ち上がり遅くなるし、リスク増えるし

ここは何度もお願い申し上げた。

 

前々をキープするように心がける。

最後の周になって、

第2コーナーまでは先頭付近でいい位置。

 

バックストレートで先頭のペースが緩み、

第3コーナー手前で、後ろからの飲み込みがあり、

10番手以降に落ちてしまう。

脚を取っておきたかったのが裏目に出る。

 

第4コーナーで、

またしても少し前の人がイン突いて、

案の定、ペダル地面かいて、落車。

 

近くにいたカナンくんはギリ避けて、

自分は、フルブレーキでなんとか外側の草むら近くを抜け切れたが、

20メートル近く離されてしまった。

 

諦めて流せばいいのに、

第4コーナー抜けたところからスプリント開始。

 

残り50メートルくらいで集団後方に追いついて、

カナンくんが集団後ろにいて、流していたのを確認。

 

集団の間を縫って、ベタ踏み。

4位? 5位?くらいだった。

 

350メートルくらい全力で走って、脚と肺が焼けた。

無駄に脚を削ってしまった。

 

C1本命だったが、この時点で走る気力と体力が完全に低下。

BUCYOさんのプロテイン ココアでC1に向けて回復を図る。

 

https://www.instagram.com/p/BVLjWOZBjZO/

 

正直、C1スプリントする脚が残ってないが、

スタートラインに並んでしまえば、あとは走るだけ。

 

待ち時間に就活真っ只中のポールくん(鈴鹿TT覇者で伝説の平田C2独走優勝)

エンデューロの話や、いろんな話をする。

 

C1  14周 29キロ

なるべくコーナーで脚削れれないように前々を意識。

 

f:id:R306_25:20170611205712p:plain

kikuzo photo@平田クリテ ※いつも有難うございます。

 

コーナーもみんな綺麗に入って、ストレスを感じない。

C1は他のカテゴリーには無い駆け引きがある。

一定ペースではなく緩む所と振るい落としのアタックがある。

 

ホームストレートでアタックがかかり、外側から前に出ようとしたら

中央の人が外に膨らんで来て危なかったので押し返して事なきを得た。

 

平均速度は多分、少し低く、アタック&アタックで削り合いみたいなレース。

自分的にはそちらの方が嬉しい。

 

残り2周くらいになると

毎回の第2コーナー立ち上がりでの

加速ダメージで脚が攣りそうになる。

 

残り1周の第1コーナーは先頭付近のいい位置で入る。

立ち上がりからニーデルな人が鬼アタックで後続、集団が切れる。

この時点で10人くらいに絞られた。

 

更に残り500メートルくらいで、マトリックス仮な子が

アタック、ここで最後の力で加速。

 

第3、第4コーナー立ち上がった時には、

自分の前の人が中切れしたが、

そこからジャンプアップする脚は無く、

 

只管ついていき、最後で刺そうと思ったら、

自分の後ろにいた8さんがアタック開始。

 

脚ないけど、最後の力でスプリントし、

前の方はパスして、8さん追いかけるも届かず。

 

恐らく5位。

 

最後、勿体なかった。

 

f:id:R306_25:20170611220412p:plain

 

帰宅後、帰りが遅くなったので、

嫁が不機嫌だった。C1は熱りが冷めるまでやめとこ。

 

最近いろいろとセッティングをかえていて、

平田で試したかった。

まずは、ステムを限界まで下げた。

ホィールもDura C24からRS81 C35に変えた。

 

RS81 C35はハブ以外はDURAと同じらしい。

重量はあるが、このコースではメリットの方が大きい。

 

エアロな面は分からないが、第2コーナー立ち上がりで

C24は横剛性不足で、立ち上がりが遅れ、手こずっていたが、

ヨレが小さく、安心して走る事が出来た。

 

C3くらいまでであれば、C24の方がいいかもしれない。

加速が速い。

C2以上になるとペースと立ち上がりの加速を考えると、

C35の方が横剛性の面でよい。

そんな事を考えるのも自転車の楽しみの一つ。

 

軽くて、横剛性あって、フリクションロスが少なく、エアロな

最強ホィールが改めて欲しくなった。

 

 

https://www.instagram.com/p/BVL_rtth-a3/

 

 

鷹連80キロ&子供と

本日、鷹連。

貸出自転車置場からスタート。

https://www.instagram.com/p/BU5SfqiAVSf/

参加者以下

キッド さん
バニラ さん
アイロス さん
フック さん(休憩所合流)
タランチュラ さん
ネロンガ さん
スカイドン さん
ザラガス さん
カナン くん

 

今日もトピックスで

皆さんの調子や雰囲気を報告。

 

小島までのでの道のりで、

タラちゃんが上げる。暴れ蜘蛛

小島も同様。

 

カナンくん先頭の時にアイロスさん早めのアタック。

早すぎなので一瞬追うのを躊躇。

 

少し遅れて自分追走。

暫く先頭を走り後ろを確認すると

キッドさん、他1名。

 

アイロスさんキャッチアップして、

キッドさん、自分、?、

3人で最終スプリント。

 

更に2人になり、

誰かなと思ったらバニラさんでした。

 

今日はイカルスさんとフックさんの

アゲアゲコンビがいないので、

そこまでハイペースでは無く、

スプリント力勝負になり、

 

ここは先着させて頂く。

バニラさんも調子をキープしている感じ。

 

R306の繋ぎ区間

タラちゃんが上げていたような。

最後、キッドさんがパンチのあるアタックで先着。

 

R306石榑SP

タラちゃん、キッドさんの牽きが強い。

かなり向かい風強い。

 

最後、自分アタック開始。

後続見送りの様相でこの区間終わる。

 

賀毛神社前の区間

高架下の上りでペースアップ。

 

キッドさん先行。数メートル開いてバニラさん追走。後ろ自分。

自分アタックかけて、キッドさんに追いつき、

そのままのスピードで抜き切り逃げる。

 

坂本の坂。

向かい風が強い。

 

確かタラちゃんが上げて、

キッドさん、カナンくん、バニラさん、自分になり、

 

風が強かったので、あえて

最後の信号の無い交差点手前で

早めのアタックかけて、

逃げ切る。

 

確か、ここでタラちゃん上げ逃げで帰路へ。

バニラさんも帰路へ。

 

人数が少なくなったので、

簡易パーキングで後続と合流。

 

納豆坂に入る。

キッドさん先頭。ザラガスさん、自分。

 

キッドさん逃げる。

自分もキッドさん追う事は出来ず。

20メートルくらい離れる。

 

先頭交替し少しづつ距離を縮める。

調子の悪い時は速攻インナーに落とすけど、

今日はアウターでペース刻めたが、

 

最後の斜度がきつくなるカーブで、

キッドさんに届きそうかなと思った時に

再度、アタックかけられて心が折れた。

最後、後ろのザラガスさんに刺されて終わり。

この区間ザラガスさん得意としている。

 

フジワラカントリーからの上り。

いきなりキッドさん上げて、逃げられる。

 

追うザラガスさん、後ろ自分。

最高で30メートル近く離されてしまう。

 

3段坂で少しずつ詰めて、

上りはザラガスさん下りは自分が牽く。

 

最後のアップダウンアップで、アタックかけて、

S字カーブの下り区間でキッドさんに追いつく。

 

国道からキッドさんと自分の2人になる。

道の駅で待ち状態時に先行していたアイロスさんが見える位置。

 

最初から上げて、キッドさん離そうと思ったけど、

無理でキッドさんとアタック合戦になる。

 

残り500メートルくらいで、

アイロスさんキャッチアップして、

キッドさんのアタックに最後、つききれず休憩場所へ到着。

 

キッドさんかなり調子が良さそう。

 

全力で走ったが歯が立たなかった。

 

休憩所で、

地区の清掃をお終えて単独でフックさんが合流。

 

スタート時は人数がいたが、

休憩所は人数が激減。

 

復路は、中里のS字の上りでキッドさんとフックさんが

えげつないペースで上げて、一瞬で見えなくなった。

 

パワーメーター付けていなくても

おおよそのパワーは感覚でわかるのが、

270W程度で上っていたのに。。。

 

ニッセンまで只管踏んだが、

最後までフックさんキッドさんに追いつかなかった。

 

ニッセンの交差点で後続を待っていたら、

ケイスケくんと後で分かったのだがブルーさんに遭遇。

この人達も自転車界ではゴリゴリの変態。

楽しそう。

 

ニッセンから、またしてもキッドさん、フックさんが

鬼ペースで上げる。

 

SPで最後、キッドさんがアタック。

フックさん追うが少し差がある。

 

その後ろから自分アタックしキッドさん追う。

全力で踏んでキッドさん追う。

キッドさん最後、流して終了。

 

区間終了。

今日はキッドさんの日だった。

 

鈴鹿エンデューロ4hrで1番手で1.5hr走りきって、

速かったですか?と聞いたら、

余裕の笑みだったが、今日、まざまざと見せつけられました。

キッド様最強。

 

僕のリスペクトするドラコ師匠は1hrで交替しましたが。(笑)

 

今日も楽しく遊んで頂き、皆様有難うございました。

 

 

 

午後は、子供と電車を見に行ったり、

 

 

 

次女と青川キャンプ場で自転車を試乗したり。

 

https://www.instagram.com/p/BU6H63FBtdo/

 

初めてのファットバイクは、乗り心地が優しい。

浮遊感が楽しい。

 

https://www.instagram.com/p/BU6H9_9hC9h/

 

3兄弟最強の運動神経?の(長女は、おしとやか、長男は謎)

次女に、ヨツバサイクルのプライベート パークで

いきなりパンプに挑戦させてしまう。

 

簡単なコースはいきなりクリア。

上級コースは、思いっきりコケて擦りむいていたが、

最後はなんとか走れるようになった。

 

f:id:R306_25:20170604213523p:plain

 

あとで嫁に責められた事は言うまでもない。

 

モクモクファームGo

会社の特別休暇を利用して、

会社のメンバーとモクモクファームへ。

 

嫁に休みである事をなかなか言い出せなく、

カレンダーの予定表を見たら、

保育参観日となっていて、

 

いつも通りの出社の時間に、

車に積んだ自転車と共に家を出る。

 

久々のロングライド。

f:id:R306_25:20170602232652p:plain

 

 

https://www.instagram.com/p/BU0oChdBA97/

 

 

https://www.instagram.com/p/BU0jbk7hXie/

 

折角来たので、限定のフィレかつ御膳。

 

後半、シューズがいつもと違う物を履いた影響かどうかは分からないが、

左脚靭帯の古傷が傷んで、しかたがなかった。

 

天気も良く、

初めての道を走るのは最高に楽しかった。

鈴鹿8hrエンデューロ

当日中に書こうと思ったが体力切れ。

その後、仕事帰り遅く今になった。

 

鈴鹿8hrエンデューロ

 

3時起きでゲートに並びピット場所確保の

ダッシュで幕をあける。

ピットの場所について、事前に作戦を練ったが

いつもの場所で行く事になった。

 

その他、無線の導入など新たな試みを行ったが、

無線に関しては、鷹組らしくというか、

いらねぇぜという事になり、

使わなかった。

 

■メンバー(8hr)

ドラコ

フック

イカルス

バニラ

タラ

ケムラー

 

スターターはドラコさん。

走力はもちろんの事、メンタル的に適任。

 

1時間程度きっちり走って貰って、

2番手フックさん?イカルスさん?へ。

※4hrのキッドさんは1.5hr走っていたが(笑)

 

先頭集団ふるい落としがかかるが、

危なげなく集団内キープ。

 

途中、4hrで落車がありニュートラル入り、

遅れたチームも再合流となりレースは振り出しへ。

  

今回は前半組と後半組に分けて、

後半の勝負所でフレッシュなメンバーで行く。

 

いつも強気なドラコさんが、

直前の体調不良で

弱気になっていたので心配。

 

その後、落車影響で8hrと4hrの間隔が近くなったので、

ペーサーのコントロールで8hrペースアップ。

ここで集団から切れるという波乱。

まだスタート後2.5hr

 

マトリックスサーバーがスタート後、

数周でダウンした為、順位もラップも分からず、

やきもきする。

 

 

 

1位はDESTRA。そこから大きく遅れてしまった為、90秒くらい。

先頭集団は、ペーサーが牽いているので、

自分としては、後ろの4hrの集団まで落ちた方が得策だと思い、

スクランブル体制を取らないという作戦を提案。

 

しかし、

普段寡黙なバニラさんが、真剣な眼差しで、

"何が起きるか分からないから諦めたらアカンに”

スクランブルで追走しようと。

 

正直、はっとした。

静かに熱い。

 

ここからバニラさん、自分の順でスクランブル開始。

残念ながら前との差は縮まらず、

後続の4hr集団に追いつかれたが、

勝負しにいく姿勢に奮い立たされ、

振り返るとスイッチ入ったと思う。

 

一時は4位まで落ち表彰台絶望だったが、

さらにスクランブル体制で、

 

差が縮まり、先頭のDESTRAが逃げて、

2番手Project Ace、3番手 零式に追いついた。

 

 

この時点でタイムギャップ的に優勝は難しいが、

良くて2位。悪くて4位の可能性。

 

 DESTRAが他のチームに1周差をつけて、

4チームの集団になる。

 

イカルスさんが交替の合図。

ピットで交替の準備をしていたら、

そのままピットインせず走り抜けた。

 

後で聞いたら、機転を利かせ

ペースが上がったので、ピットインずらしたとの事。

ピットイン忘れていたと少しでも思ってすいませんでした。

 

確か2チーム(DESTRAとProject Ace)がピット交替の時に、

我々のチームは交替せず。

 

その時、また勝負の分かれ目が。

交替したチームは最後アタックしピットイン。

 

作業が早く、

フレッシュな選手の逃げが発生。

我々は交替していなので追いつけない。

これは痛かった。

 

零式と鷹組との3位争いになる。

 

最後の30分になる。

交替するタラちゃんに対し

前のチームに追いつけとオーダーが。

 

デグナーカーブでタラちゃんを確認すると

ピッタリ後ろに零式が張り付いて、

タラちゃんが一本引き。

 

後ろいるの気づいているのかなと心配する。

案の定、ホームストレートでアタックかけられ、

切れてしまい、少し遅れて自分に交替。

 

多分3周で、8hrに到達しそう。

 

前の零式のペースが落ちているのが分かって、

全力で踏んで、

デグナー抜けてメンバーから10秒差という情報を確認。

 

下りに入って、

逆に少し差をつけられたかもしれない。

ホィールの選択がC24なので下りが遅い。

 

追いつけないかもと、いやな予感が。

 

ホームストレートを上ったら、

美山からレースを終えて駆けつけてくれたヤスの声が、

ピットインの指示。フックさもシケイン手前で叫んでいる。

 

ちゃんと聞こえているよ。と思いながら、

メンバーの必死さが伝わってきて、

最後の力を振り絞って、ピットを目指す。

 

上りで少しタイムギャップ縮めれたと思う。

 

最後はドラコさん。2周か1周か時間的に微妙な所。

 

デグナー抜けた確認ポイントで、

既にドラコさんは零式に追いついていて、

牽制に入っていた。

 

みんなで、フィニッシュラインに急いで向かう。

3位と4位では全然違う。

 

どちらが先にくるのか。

 

先に見えて来たのは、

ドラコさん。

 

フニッシュラインを通過。3位確定。

フックさんがガッツポーズ。自分も。

 

ドラコさんに駆け寄り、

有難うと抱きしめてしまった。

 

f:id:R306_25:20170528203234p:plain

 

 3位/590位

 

8hrは長いが、気持ちが張っているのであっと言う間だった。

 

今回も浮き沈みが激しく、

何回も心が折れかけたが、

 

諦めないという、バニラさんの意思が

みんなに伝わったと思った。

 

優勝を目指していたので、

悔しい思いもあるが、全力は出し切ったと言える。

 

メンバー他、

サポートしてくれたカナンくん、ヤス、

応援に来てくれたジラースさん他、有難うございました。

 

記憶曖昧な所があるので、

また、反省会で盛り上がりたいと思います。

GW DAY9 80キロ

GW締めは鷹連で。

 

集合場所の鯉のぼりも

何回目か。長くやっているな。

自分が。

 

https://www.instagram.com/p/BTxKYbPBzBO/

本日の参加者は以下

イカルス さん
ガメロン さん
フック さん
スカイドン さん
ザラガス さん
ポール くん
カナン くん
Y本 くん
ケムラー

 

その他、鷹組OG3のメンバーの方も

沢山集まって盛況

 

ポールくん久々の登場。

今一番忙しい時期だと思うが、

気分転換で参加してくれた。

 

今日のトピックス。

 

まず小島までの区間

車の影響や、

他の自転車集団もあり

スローペースで入る。

安全第一。

 

小島はいつも通りイカルスさんと

フックさんの所でスピードが上がる。

 

最後はフックさんが牽く高速列車から、

Y本くんが発射し、自分も反応して発射。

 

最後まで踏み切れて、

だいぶ良くはなっている。

 

ただ、まだ納得行っていないし、

実際パワーも出ていない。

 

R306までのジョイント区間

フックさん、イカルスさんがやっぱり鬼。

またしてもY本くんが発射し追撃。

いい感じに刺激になる。

 

 

R306石榑東丘SP

イカルスさんのアタック後、

Y本くんがガツーンと行く。

反応できず、何もせず終わる。

 

坂本の坂に入る。

フックさんの鬼引きで

最後、イカルスさんがペースアップ。

 

Y本くんアタック。

更に フックさんがアタック。

フックさんと2人になり、

最後、出し切った。

 

しかし、上りでもフックさん強く、

かなり牽いた上に2回目踏んでくる。

強い。

 

納豆坂に入る。

上り強いザラガスと最後スプリントになり、

最後は気合で登りきった。

 

この区間は苦手だけど、

ポジション変更してたのが良かったのか、

今日は人並みに登れた。

 

3段坂に入る。

梅林公園口の上りで、

イカルスさん、フックさん、Y本くん、自分が残り、

下りから上りに入る所でY本くんアタック。

 

同じ所でアタックかけたいところだけど、

今は無理なのでジワジワ上げて、

 

最後の上りでイカルスさんと

自分が先頭で上りきったと思ったら

フックさんが最後まで来た。

 

下りゆっくりして再合流し、

そのまま国道に出る。5名くらい

 

イカルスさんの鬼引きの後、

フックさんがペース上げて差が出来る。

 

ザラガスさん追走し、自分も追走。

最後、ザラガスさんともがいて、

フックさんの後ろまでたどり着いて終了。

 

帰路

 

またフックさんがS字上りで上げていく。

上りきって、下りからの上りで

カナンくんが上げていく。

 

下り右カーブから上りの所で、

車が来て、減速している間に、

カナンくん、ザラガスさん逃がす。

 

Y本くんと追いかける。

一旦追いつくが、

 

SANGOの坂で、

カナンくん再度上げて、

Y本くんの2名が逃げる。

 

最後、イカルスさん

パワーで追いつき、

スプリント開始したら

前に車がいたので流す。

 

ニッセンから国道までの区間

スタート直後のスピードアップで中切れ、

Y本くんが牽いて、自分も先頭交替しなんとか追いつく。

 

イカルスさんの鬼引き、最後はフックさんの鬼引き、

2番手にいたが、フックさんのペース速すぎ。

一瞬躊躇したら、Y本くんがアタック。

 

カナンくんと自分が追走に入ろうとした所で、

安全の為、スピードダウンして終了。

 

今回、大幅ポジション変更して、

上り下りは、良い手応え。

今までと違う筋肉使っているようで、

もう少し乗り込まないと分からない。

 

少なくとも、腰の痛み等無かった事や、

四頭筋が今日は攣らなかった事を考えると、

使う筋肉を分散出来たのか。

難しい。

 

それにしても9日間GW走りきった。

 

会社の方の勧めで

もう一つの個人的ミッションであった、

小説残り1/6ページ残っているので

これもCloseして、

仕事モードに切り替えて明日から頑張る。

GW DAY8 70キロ

GWケム連最終日。

 

こんなに自転車に乗れるチャンスはGWしかない。

自転車好きには嬉しい事だけど、

筋肉崩壊で朝が辛く、

今日も走れる事の喜びを忘れそうになる。

 

今日は、誰が来てくれるのか、

集合場所まで10キロ自転車を走らす。

 

集合場所のコンビニには、

既に1名。アイロスさん。有り難い。

 

そして、Pの○原くん。

参加してくれるなんて、

有り難い。

 

そして、イカルスさん登場。

有り難い。 

 

今日は自分自身、体力、気力限界で

走る為のモチベーションが必要だった為、

 

まず、旧EVOのクランクをSRAM REDから

shimanoに変更しペダリングモニター(片側)を移植。

そして大幅にポジション変更した。

 

PF30に変換でshimanoクランクを取り付けた訳だが、

変換を入れる時点でフリクションロスが発生するのと

100g弱重量が増える事を考えると、

やっぱりSRAM REDの方が正解だと思う。

 

ただパワー測定が出来るというだけのメリット。

https://www.instagram.com/p/BTvfTKbhpkv/

 

 今までハンドルは高め、

サドル低めという乗り方をしていたが、

連日の疲労から違う筋肉を使わないと走れないというのと、

 

短い距離は問題無いが、

高強度で長い距離を走ると、

一定時間を超えるとパワーが落ちる。

  

恐らく自分のペダリングは踏みすぎで、

使えている筋肉が少ない為、

疲れやすいのではないと考えた。

 

ぐだぐだと頭の中で考えている事を

書いたけど、ポジション変更は

お金がかからないのでトライしてみる価値はある。

 

今更かもしれないが。

 

まずハンドルを限界まで下げた。

下げた事により、

柔軟性が無い体で、前傾がキツイので、

 

サドルを上げて、

腰から前傾を取るようなポジションにしてみた。

今日の練習の休憩所まで走ってみたが、

まだサドルが低く、腰に軽い痛みを感じたので

更に上げて復路を走った。 

 

悪くはないがもう少し様子見しないと分からない。

 

話を戻して、

今日のケム連だが、

 

○原くんはGWで1000km超えているらしく、

体が絞られていて、まさに選手という感じだった。

 

自分の疲労は言い訳にならない。

 

○原くんが最初の平坦から上げていく。

上りも、軽々の上っていく。

 

平坦はイカルスさんが、

これまた、いい感じに仕上がっているようで、

パワー炸裂だった。

 

自分は、頑張って付いていくのみ。

GW中結局、調子が上がらず危険信号。

 

 

上石津のコンビニ付近の道路は少し雨に濡れていた。

午後は雨の予報。

 

雨雲が近づいていたので、

早々と休憩所を引き上げて、

帰路へ。

 

養老GC裏の上りも○原くんが、

軽々上っていく。

 

R365に出てからの平坦向かい風区間は、

イカルスさんのこれぞ鬼引き。

 

今日も最高追い込めた。

いや追い込まれた。 

 

GW中、ケム連で、

いろんな方と走れたというか、

いろんな方に遊んで頂いたと言うか、

なかなかの充実度。

 

GW明け現実に戻りたくない。 

 

GW DAY7 30キロ

そろそろ家族サービスしないとまずい。

という事で、前日に何処に行くか子供に意見を聞くと、

某遊園地等に行きたいと。

 

GWをなめんなよと諭し、

車の渋滞を避ける為、近場かつマニアックな所を探す。

家族の大反対を受けて就寝。

 

朝はケム連だが今日は集まらない。

自分も早めに帰宅したかったので、

ある意味丁度よかった。

 

暫く走っていると後ろから気配が。

バルタンさんと ゼットンさん。

宮古島に向けての練習との事。

 

ゼットンさんの体が出来上がっているのが、

一瞬で分かった。

 

坂本の坂もゼットンさんのキレキレの走りで

良い追い込みが出来ました。

いつ見てもフォームが美しい。

 

ここで帰宅。

 

本日の家族サービス、行き先は、

自分のゴリ押しで、四日市スポーツランドとなる。

 

開園時間くらいに到着したら、

既に長蛇の列。30分以上待つ。

GW恐ろしい。

 

アスレチックコースを回って、

勾配がきつく、ヘトヘト。

子供は体が軽いので元気がいい。

 

その後、ローラースライダーでも

1時間弱待ったが子供は喜んでくれた。

 

昼食後、四日市ふれあい牧場に行く。

ソフトクリームや芝生の坂で転げ回って、

子供達は楽しんでいたと思う。

 

 

https://www.instagram.com/p/BTs7KYJBf8r/

 

ほんと疲れた。

GW DAY6 72キロ

本日のケム連。

 

田植え準備が忙しい中、

ネロンガくんが参加してくれました。

 

自分は6日目で疲労Max。

 

集合場所から普通にR306を走るのも

6日目になると、しんどいので、

 

コースを一部変更し、三岐の高架下に

アクセスする秘密のルートで行く。

https://www.instagram.com/p/BTpc-62AGTC/

 

今日は、気分転換でEVO NANOで。

 

https://www.instagram.com/p/BTpiu_agAs4/

EVO NANOは硬い分キレがある。

100km以上はNEW EVO。終始優しい。

 

GWという事で沢山のサイクリストが走っていた。

ボーグさんにも鷹連休憩所で会いました。

 

そろそろ嫁の頭に角が生えてきたので

家族サービスを考えなければ。

 

GW DAY5 74キロ

今日のケム連は人数多い。

 

https://www.instagram.com/p/BTm06r4gQZP/

 

バルタン さん
アイロス さん
イカルス さん
フック さん
カーリー くん
カナン くん

ケムラー

 

アイロスさんは朝練(ミルク周回)の後、

集合場所に顔を出してくれました。

 

本日もケム連コース+勝地峠~タラ挟

上石津コンビニ休憩

 

終始カーリーくんが強い。

若い子が本気で取り組むと違う。

 

自分としては、

3段坂はGW中で一番速かったが、

それ以外の区間は一番遅かった。

 

若者2人に頑張って貰って、

何とか走りきった。

 

GW前からの体調不良が、改善しない。

アレルギーなのか、風邪なのか。。。

 

納得いくコンディションじゃない。

5/28にピークに持っていきたい。

 

 

GW DAY4 102キロ

そろそろ何日目か混乱してきた。

 

ただ仕事の連絡が今日も。

基本連絡は良い情報は来ない。

来ない時は良い時。

 

本業の方に話を進める。

ケム連を主宰しておきながら、

2日連続スキップしてしまった。

 

朝は昨日同様、小児科の予選エントリー。

本戦は送迎。

 

嫁は昨日はあまり寝ていないと言っていて、

病院終わってから、

自転車に出かけづらいなと思うが、

 

逆を言えば、帰宅後、

ゆっくり寝てもらうという

素晴らしい解釈で、

良いタイミングで家を出発。

 

いつも通り京ケ野から養老GC、上石津。

天気も良く、もう少し走りたい気分だったので、

勝地峠を超えて、中山道関ヶ原まで。

 

柏原宿にて

https://www.instagram.com/p/BTlGeKwAt6Q/

 

江戸時代にタイムスリップして、

今の自転車で中山道走って、

宿場に泊まったら楽しいだろうと考える。

未舗装だからロードは無理か。

 

帰りは、水嶺湖経由で3段坂に出るルートで。

ひと気がないから怖い。

https://www.instagram.com/p/BTlQzqPAinG/

 

 

帰宅途中に思い出した。

昨日、結婚記念日だった。

 

結婚して数年は

洒落た店を予約していたのが懐かしい。

 

危うく失念する所だった。

1日は誤差範囲。

 

明日もがんばろ。

自転車を。

GW DAY3 57km

娘が昨日から熱があり、朝から病院の予約等。

それによりケム連をスキップさせて頂きました。

申し訳ありません。

 

娘はすっかり良くなり、

昨日の熱がなんだったのかというくらいの回復振り。

 

午後になって、保育園から電話があり、

息子が熱でぐずっているとの連絡がある。

明日も今日の朝と同じパターン。

 

よって明日もケム連スキップさせて頂きます。

重ねて申し訳ありません。

 

と言いながら、今日もちゃっかり走りました。

病院から娘が帰ってきて、元気そうだったので、

二ノ瀬方面へ走り出す。

 

暫く走ると、ホワイトジャックのT橋さんとすれ違う。

一昨日振りです。

 

上石津経由で戻られるとの事で、

そこまでご一緒させて頂きました。

 

凄い偶然あるもんだ。

 

明日も午後くらいからチャンスがあれば

同じように走ろうと思う。

 

 

 

GW前から体調不良で、

徐々に回復しているが、それでも70%くらいで、

なんでこのタイミングなのか。。。

 

花粉症なのか風邪なのか。

早くスッキリしたい。

GW DAY2 ワーサイ

GW DAY2。2日目を噛みしめる。

 

本日ワーサイ。

滋賀県のふれあい運動公園まで車で1.5hr

 

出場カテゴリーはC2。1.6km*20周 32km

C1と混走かつ4位まで2周回に1回のポイントレース。

しかもポイントはC1、C2関係なし。

 

河川敷の公園遊歩道をコースにしており、

毎年、周りに風を遮るものが無く風が強い。

 

風が舞っている為、ドラフティング効果が小さい為、

地脚の差が出やすい。というのが自分の印象。

 

C1はPな人いっぱい。

スタート前、周りの地面に寝かされた自転車を見ると

殆どが50mm以上のカーボンディープ。

本気の人しかいない事がわかる。

 

自分、旧EVO Black incに、

前RS81 C35、後ろC24

投資の優先度間違った。

 

チューブラは面倒出し、

ランニングコストがかかるので、

カーボンクリンチャー欲しいが、

 

旧EVOクリアランスの関係で、

ワイド リム全盛でクリアランスの関係で

接触するんだなーこれが。

 

レースに話を戻す。

C2には鷹組からは私とドラコさんが出場。

 

スタートからペース速い。

予想通り、横風の影響で

ドラフティングの効果が小さく、

後ろにいてもキツイ。

 

4周目くらいに、前に1/2くらいの人数がいて、

自分の後ろを振り返ったら、

自分が集団最後の1人だった。

 

ペース速いから殆ど、スタート後、

集団から切れていく。

 

5周目くらいにコーナー立ち上がりで、

中切れして、死ぬ気で踏むも追いつかず。

 

自分の限界を超えた為、

レースを降りた。

 

完全に力不足としか言いようがない。

レースは、C2クラスの人は殆ど足切りとなった。

 

2名が前半から逃げて、最後まで。

追う集団が周回毎に小さくなっていった。

 

完走出来た人も限られており、

レベルの高いレースだった。

 

その後、

夕方、地区の集会があり、

急いで帰宅。

 

ドラコさん挨拶もせず

すいませんでした。

 

 

 

今日のレースただただ厳しかった。

 

弱い自分なので、

出来る事からやるしか無い。

 

年齢を言い訳にはしたく無いが、

無理な目標を立てても、気持ちが折れるし、

体を壊すだけなので、やれる範囲で頑張る。

 

仮に結果に繋がらなくても、

納得出来る準備をしていきたい。

 

自分より年上の方で、

頑張っている人が沢山見えるので

自分も見習わないと。

 

 

本日、唯一の収穫としては、

コメリで買った両面テープが

凄い事が検証出来た。

 

半信半疑で剥がれるのではないかと思っていたが、

びくともしなかった。

剥がす際、生地が破れるんじゃないかと思う程の粘着力。

しかもゼッケン側に両面が残ってくれる。

 

これって自転車界では、

画期的な発見だと、自分は思っている。

発見者凄い。ノーベル自転車賞もの。

 

生地痛まないし、バタつかないし

見た目スマート。

今日のレースでも周りも何人か既に使っている人がいた。

 

https://www.instagram.com/p/BR2o4zkAy0u/

 

明日のケム連、

諸般の事情で参加出来なくなりました。

すいません。

GW DAY1

風邪気味の為、今週は回復に充てた。

 

金曜最終日、頭痛が酷く、会社メンバーに

明日から1週間程休まして下さいとお願いしたら

1週間と言わず9日休んでもいいですよと。

 

という事で9日間のGWが始まった。

普段、仕事に追われているので、

一日一日を噛み締めて過ごしたい。

 

DAY1は、ケム連の日。

頭痛が酷かったがオーガナイザーなので、

気合で集合場所まで行く。

アイロスさんも言っていたが、

これは自分を追い込める。

 

集合場所に着くと、先着者1名。

フックさんだった。

 

暫く2人で待つ。

今日はAACAだったり、

サイクリングだったりイベントブッキングで

2人かなと思う。

 

 

誰か来ないかなとR306の遠くを確認したら、

3人列車が見る見る近づいてくる。

 

一瞬目を疑ったが、

滋賀からホワイトジャックのメンバーの方が

わざわざケム連に游びに来てくれました。

 

 

https://www.instagram.com/p/BTci2ZWBh9G/

 

嬉しい事です。

レース会場ではお話しさせて貰ったりするのですが、

まさか一緒に走れるとは。

 

 

ケム連コース

TOJコース+養老GCから上石津まで。

 

TOJコースに入る。

3段坂で自分失速。みなさん速い。

 

サドル5mm上げた影響か、

体調不良か、

いつも以上にパワーが出ない。

 

養老GCの坂も、

身長1.9メートルの滋賀県チャンプのK川くんが

重量あるにもかかわらずパワーでグイグイ上って行く。

上りも強いやん。

 

自分は全くかからない。

 

途中、

バルタンさんが前を走っていて、

一緒にコンビニまで行く。

 

コンビニでサドル少し下げる。

 

復路の養老GC裏の上り坂をフックさんが牽く。

これまた、全くパワーが出ないけど、

なんとか付いていく。

 

養老GCからTOJコースに出て、

梅林公園のTOJ激坂区間を上り、KOMに到達。

 

京ケ野の下り区間は、K川くんの鬼引き。

 

コーナーは平田同様ゆっくり走ってくれるので

なんとか付いていく事が出来た。

 

太平洋セメント下を通過し

神毛神社からR306へ。

 

ここからK川くん先頭固定で集合場所のコンビニまで。

向かい風で自分2番手走っていて350W超えていた。

 

K川くん400Wオーバーでずっと走っていたとの事。

規格外。TT本気で取り組んだら凄い事になりそう。

 

GW DAY1から楽しい日になりました。

ホワイトジャックのT橋さん、T田くん、K川くん

そしてフックさん有難うございました。

 

しかし、

今日の自分の調子だと明日のレース

やっべーぞ。

鷹連80キロ

本日、鷹連。

 

いつも通り伊坂ダムまで20キロ弱自走。

数年同じ道で集合場所まで走っているが、

秘密のトンネルを見つけて、

信号3つスキップ出来るルートを発見をする。

 

今日はメンバー多数。

久々メンバーも。

多すぎて抜けてたらすいません。

 

キッド さん
ジャミラ さん
バニラ さん
アイロス さん
ジラース さん
イカルス さん
フック さん
タランチュラ さん
組長 さん
カーリー くん
Y本 くん
ケムラー

 

 

今日はNew EVOのホィールを

C35からC24に変えて

鷹連コースで違いを試してみた。

 

本日のレポート。

 

まずは小島から。平坦区間SP

フックさんが相変わらず牽く。

カーリーくんも強烈。

タラちゃん先頭時?に早々集団崩壊。

 

自分先頭交替後で中切れ埋めれず、

この区間は流す。ただ相当ペース速かった。

C24で来たことを後悔した。

多分、カーリーくんかタラちゃんがSP。

 

R306石榑のSP。平坦からの丘SP

SP前の最終信号後のイカルスさん牽き。

自分がその後ろ。

イカルスさんのペース速くてキツイ。

 

自分の後ろ見たら、集団崩壊しており、

イカルスさん列車に乗って、完全おこぼれSP奪取。

初参加のY本くんが最後頑張って迫ってきた。

若くて勢いが違う。

 

神毛神社の前を通過し高架下からの上りで、

フックさんアタックで反応する。集団崩壊。

 

坂本の坂へ。平坦からの緩い上りが続くSP

フックさんが牽き過ぎくらい牽く。

 

上り基調になってカーリーくんが強いので、

後ろにへばり付いて、

前に出れないくらいの牽きで今日3度目の集団崩壊。

 

残り400くらいで、後ろに潜んでいたタラちゃん渾身のアタック。

不意をついかれてスピード差があったが、

全力で踏んで何とか後ろに付く。

 

2人でSP目指す。

後ろについた時点で、自分の方が有利なのでSP頂く。

正直ここで出し切った。

 

タラちゃん夜勤なので、ここで帰宅すると。

前半ペース上げてくれてボロボロだよ。

勘弁してー。まだ先があるんだよー。

 

納豆坂に入る。上りSP区間

先程のダメージと元々上り弱いのがあり、

納豆工場付近で切れる。四頭筋攣る。

カーリーくんがSPか。

 

脚がいつも以上に駄目。

昨日の疲れ、昨日はその前の疲れ。

ずっと疲れが抜けないお年頃になってきた。

 

FUJIWARA GCの前の軽い上りで

いつも通り脚がつる。

絶対、付いていけない。

 

3段坂に入る。

カーリーくんとイカルスさんが先行する。

 

追う、フックさん、ジラースさん。自分。

ジラースさんの後ろにへばりつくのは

久し振りで懐かしく、

苦しいが楽しい。

 

脚が駄目なので上り軽めのギヤで回転数上げて上る。

 

アップダウンの下りでアタックかけて、

イカルスさんの所まで上がれた。

カーリーくんは少し前。

正直、脚は無い。

 

国道に出てからも

カーリーくんが先行し一人で逃げる。

 

少しの差だったので、イカルスさんとの

先頭交替で追いつけるだろうと思っていたが、

カーリーくんが強くて、一定距離から距離が縮まらず、

 

逆に自分の脚が終わってしまって、

イカルスさんを見送る。

 

カーリーくん、イカルスさん、自分で休憩所に到着する。

この区間は力の差が出る。

カーリーくん強い。

 

 

復路。

国道から最初の上りで脚がまた攣る。

スピードダウンして、頂上で待ってくれいるとは。

 

農業公園口の上りでフックさん

アタックするのでついて行く。

脚が限界を超えて痛みを感じなくなった。

 

そこからキッドさんが切れのある加速。

 SANGO前の上りでアタック。

 何度か先頭交替して、 緩い下りが続き、

旧中里小前を再度アタックして、

カーリーくんが後ろから来たけど逃げ切って、

 ニッセン前に到着。

 

ニッセンから国道までのSP区間

カーリーくんとゆっくり待っていたら、

フックさん他数名の逃げ。

 

スピード差が有りすぎて、一瞬離されて

カーリーくん頼みで追う。

 

なんとか追いついたが、

完全に脚が終わっていた。

最後もカーリーくんが先頭を牽く。

 

フックさんがアタック。続くバニラさん。

なんとかフックさんに追いついて、

バニラさんが最後伸びてSP。

調子は上がってきてそう。

 

今日も真っ白になった。