ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

けいはんな

けいはんなに出場。

思えば3年前、台風で中止になって出場幻となった。

r306.hatenablog.com

 

けいはんなのコースは下りスプリントで非常にリスキー。

その為、このレースは参加してはいけないと思っていたが、

既に今まで出場したレースは100を超えてしまっていて、

 

近辺のレースで走っていないのは、

このけいはんなと、ツールド熊野くらいか。

今回が最初で最後のつもりでエントリーしてしまった。

 

移動時間的には、

石榑峠超えで高速使って2時間くらい。

なかなか遠い。

 

C3 1周2.1キロ*6周回

出場者120名

 

https://www.instagram.com/p/BYkOf0VndNo/

 

 

 

まず、けいはんなの町があまりにも整備が行き届いて綺麗でびっくりした。

 

けいはんな学研都市とは

 

レース前、ぐるりと1周コース脇を走って見たら、

一番きつい坂が思っていた以上だった。

 

坂本の坂くらいをイメージしていたが、

納豆坂の後半のきつい箇所と同じくらい。

 

10キロ程度走った後、45分くらい前に集合場所へ。

コースに対して出走人数が多いのでスタート位置は重要。

前のレースカテゴリーの後ろに続いて、10人くらい集まっていた。

 

いざスタート時間が近づくにつれて、

前方に招集場所があって、後ろに並んだのに

招集場所の横に人が並びだした。

 

結果、真ん中よりやや後ろ。

100番以降スタートという腑に落ちないスタート位置になる。

並びが凄く曖昧な感じだった。運営的にちょっとなんとかして欲しい。

無駄に殺伐とした雰囲気になる。

 

ローリングスタート

あまりにも人が多すぎて、

前に上がれない。

中央に位置していたので、身動き取れず失敗。

 

無理に上がろうとすると落車を誘発する

可能性があると感じて流れに身を任せた。

 

コース的には、上りが楽しく、

脚を温存すべくフロントインナーで基本登った。

 

6周は一瞬で、あまり前に位置を上げる事ができなかった。

落車が何回もあり、特に5周目のホームストレートでの落車は、

大きく、一気に人数が減った。

 

本当に落車が多すぎて、一瞬諦めようかとも思ったが、

脚を止らた、それはそれで追突されるような

危険を感じた。

 

最後の周のバックストレートで、

考えてしまって、攻めきれなかった。

 

最後の上り区間で自分の真横で落車があり、

人が縦回転していくのを見た。

 

最後の上りも恐らく20番くらいで上っていて、

流石にアウターで上る。

前が詰まって、全力を出せない。

 

上りきってコーナー後、更に緩く上る。

ここで踏みたいが、上りでスピードが乗っていないのと

前が流しに入ったので、慌てて踏む。

下りで追いつけるだろうと思っている。

 

コーナーも前の減速の影響で、

自分の思っているスピードで回れない。

 

最後の下りホームストレートに入って、

先頭集団との距離が思った以上に開いていて、

前の人を振り切って発射。しまった。

 

数人抜いて、単独で必死に追いかけたが、

差が変わらず、そのままフィニッシュラインを超える。

 

結果6位だった。

 

もう少し順位を早めに上げたかったが、

今日のレースでは難しかった。

 

ラストで先頭集団に着く事が必須だった。

 

f:id:R306_25:20170904232703p:plain

 

振り返れば上がれるポイントは1周目のスタート直後だった。

そこで勝負が決まったと思う。すべてが後手に回った。

後ろのインターバールに陥った。

全ては位置取り、そしてスタート位置が悪かった。

 

リスクを軽減する為は、前々を想定してたのに

出来ず、結果、危険な位置に居続けてしまった。

 

レース後、怪我人がいて、救急車が来たり、

かなり壮絶なレースだった。

 

今まで走ったレースの中で、

一番リスキーだと言える。

 

後で動画を見たら、本当に凄いことになっていた。

動画に写っていない落車もあった。

去年はC2が悲惨だったのでC3にエントリーしたが

今年はC3が一番壮絶だった模様。

 

怪我なく終えた事が良かったと言うしかない。

ただただ運がよかった。

 

やっぱり下りスプリントは駄目。

 

このコースは難易度が高い。

それなのに人数が多すぎる。

距離的には1周、平田クリテと殆ど同じ。

 

コーナーとコーナーが近いので、

抜き場が少ない。

2車線使っているが(1部1車線)人数的に

平田の3倍はいるのと、下りで追いつけてしまうので、

自分の限界を超えた走りになる。

 

上りと下りで詰まるので、はすりやすい。

覚悟を決めて、このレースは

出場しないといけない事が実際に分かった。

予想以上だった。

 

ある意味、刺激的な経験が出来た。

 

帰りにインターでラメーン食べて、

あまりにも眠たくなったので少し寝て帰宅。

https://www.instagram.com/p/BYkOi0oH6A2/

 

レース的には、

おきなわも、ここまでは無いが近い所がある。