ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

GW DAY2 ワールドサイクル・ベックオンフェスタ

本日ワールドサイクル・ベックオンフェスタ出場。

 

カテゴリーは昨年に続きC3H 16km。

昨年はなんとか6位で表彰台の端っこだった。

とにかくキツイ思い出しかない。

 

このコースは河川敷で風が強く、

直線も短くヘアピン立ち上がりで消耗する印象。

苦手コースの一つだ。

 

f:id:R306_25:20190428221620p:plain

 

MAXのU田さんが声をかけてくれて、

スタート1時間前に一緒に並ぶ。

かなり待ったが最前列スタートポジションをゲット出来た。

U田さんがいてくれたので助かった。

 

ホワイトジャックのM川さんから激励を貰う。

ただ最大のライバルはそのホワイトジャックの

リアル スプリンターH野さんだ。

100メーター走10秒の逸話が。。。

 

その他にも巡航力高い選手がいるので、

スピードレースになると厳しい。

 

カウントダウンが始まり、

ローリングスタート

 

 

今日は自分はアップ無しでスタートに立った。

理由は同世代レースでは張り切る傾向があり

過去に失敗しているので、最初の数周をアップとして使い

空回りを防ぐ目的。

 

このコースにしては風が殆ど無い。

 

北側のコーナー(トイレマーク側)の位置と角度が例年と違う。

減速少なくても曲がれる。

 

最終コーナーからゴールまでが、例年より

若干遠いように感じる。

 

そんな事を考えながら走った。

 

回りは同じような年代だけど、

一部の人だと思うけど

わりと怒号とかあって、ある意味レースが白熱。

 

最終周になる。

ホームストレートでペース上がる。

10番手くらいだったと思うが、

前を走っている選手同士の体と体があたり

よろめき一瞬全体の脚が止まる。

 

と同時にアタックかかり、

10人程度が抜け出し、

自分も後ろについて抜け出す事が出来た。

 

北側のコーナー抜けて、更にペース上がる。

見るとリアル スプリンターH野さんが

先頭を牽いているではないか。

 

そしてM崎さんへ先頭交代

 

どうしようかなと思いながら、

勝負どころを間違えないようにタイミングを見計らう。

 

f:id:R306_25:20190429101149p:plain

最終コーナーをH野さん、M崎さん、バルバの人に続いて

4番手で立ち上がった。

 

f:id:R306_25:20190429101334p:plain

一度踏むが、まだゴールまで距離があったのと

路面にバンプがあり跳ねて十分な加速出来ない可能性があると考え、

一旦、タイミングを見る。

右から行こうかと思ったが、直感で左に進路を変えた。

 

f:id:R306_25:20190429101419p:plain

 f:id:R306_25:20190429103004p:plain

 

予想通りH野さんとのマッチスプリントで

残り100くらいで前に出て先着する事が出来た。

進路右を選択したらスペース無くて

差し切れ無かったかもしれない。

 

 

このコースは苦しんで来たが、

やっと真ん中の位置に立つ事が出来た。

 

風が殆ど無かった事や、ペースが例年より遅かった事、

※数秒/周 遅い

少しコースレイアウトが変わっていた事なども

昨年の6位から躍進できた要因だと思っている。

 

先週の平田から、ある程度修正出来たかなと思う。

コンディション面で、昨日完全OFFと

サドル高を1ヶ月前の良かった状態に戻し、

回転数でパワー出せるようにした事が良かったかと思う。

 

問題点と対策がハマれば結果はついてくるはず。

 

ただ今日は、

今までの頑張りのご褒美で、

切り替えて、

もっと考えて自転車と自分の最大能力を

如何に出せるかを

楽しみながら極めて行きたい。

 

 

 

 

袖が曲がってうまく写真撮れんなと言っていたら、

”僕がいい事考えた”と言って、この写真になった。

https://www.instagram.com/p/Bwy8r58FL7i/