ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鷹連69キロ

日曜日、鷹連参加。

万葉の里公園裏ルートで少し上って15キロ程走って

国際裏の頂上付近で練習会に合流。

 

冬季コースの涼仙周回。

 

このコースは勢いで登りきれない距離の上りがあり苦手。

鷹連で今年2回は走っているが、

だいぶ耐性がついてきたように感じている。

 

最初4周回はペース走という決めごとで走る。

折角、集まって走っているので

切れて単独走になるのを極力避けたい。

 

とは言うもののペースは遅くは無い。

クライマーのシーラくん上り先頭に出ると

ハイペース。きついなと思ったが、

後続メンバーも着いてきている。

 

確か次の周で自分上り先頭で入ったので、

先程と同じくらいのペースで上る。

上りきったら集団崩壊していて、

まだ4周に達しておらず申し訳ない。

 

少し待って、再合流。

 

ペース走しばりが外れて、

上り区間イカルスさんとフックさん、キッドさん

自分の4人になる。

 

イカルスさんはKOMである短く斜度のある上りで

毎周回ダンシングアタックで上げてくる。

本人談で勢いで上りたいとの事。

自分もそう思うが、切れるリスクあるので自重。

 

残り2周回のKOMでフックさんが強烈なアタック。

他が反応しなかったのでペースを保つ事にする。

イカルスさんとキッドさんと自分の3人なので

2周回で吸収出来ると考えた。

 

下り区間で更に離されたので、

流石にやばいかもと思ったら信号STOPに引っ掛かり

図らずしも吸収する事になる。

涼仙上りでイカルスさん、フックさん、自分の3人になる。

 

最終周のKOMで、またしてもフックさんアタック。

きついはずなのに出し切るなあ。

イカルスさんと自分ついていく。

 

最後の涼仙上り。

イカルスさんアタックで何処まで

このペースで行くのか限界。

 

少しペースが落ちたので

最後の力を振り絞りアタック。

後ろを見たら2人が離れたので

280W前後をキープするのがやっとだったが

なんとかフィニッシュラインに到達。

フックさん、イカルスさんが続いた。

 

今日はジュニアが居なかったので

上りで人間的なペースだったが、

居たら終わっていたと思う。

 

少しづつ苦手コースでも

なんとか出来る幅が出てきたかも。

 

来週は平田で練習会は行けない。

今年も高みを目指さずC2で頑張る。

 

年が上る毎に同じ力をキープするには、

もっと練習するしかないから、

それは現実的では無い。

何かブレークスルーが無い限り。