ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鷹連 70キロ

 

リーダーから昨日の鷹連レポートはと

ご指導を頂き1日遅れで。

 

まず前日、鷹連夜の部に参加。

楽しい2時間エンデューロはあっという間。

年齢関係なくワイワイと盛り上がる。

そしてTTT復権への道へ。

 

 

 

翌日の鷹連はR306から賀毛神社へ向かうY字路でジョイン。

鷹組ブログ内容と合わせて見てもらえれば精度が上がります。

 

坂本の坂。

いつも通りローテ回わす。

自分先頭交代後、新加入のシーラさんが先頭でガツーンと上げる。

 

最後の十字路の手前の勾配が上がる所で、

バニラさんが先頭でペースを上げる。そして続くバニラJr。

 

暫くして、バニラさん、Jr、自分の3人になる。

最後、緩やかな上りでJrとの掛け合いとなり、

大人気げ無くパワー勝負。シマノ年代別無双のJrの壁に。

 

 

納豆坂

クライマーのシーラーさんがまたしてもペース上げる。

バニラさんも調子が良さそう。そしてJr。

 

イカルスさん、フックさん、ドラコさん、自分の順で

イカルスさんが珍しくペースが落ちて、

フックさんが3人を追う。そして自分。

 

暫くして後ろを振り返ると、

フックさんと自分だけ。

 

バニラさんが暫くして降ってきて、

シーラーさんがペースダウンして降ってきて、

勾配が上がるコーナーからダンシング全開でJrを追い

だいぶ詰めたが、最後はペース配分されて軽く捻られる。

 

Jrの上りは異次元レベルなので、

自分的には頑張れたと思う。

 

フジワラGCから3段坂

 

サンゴーの上りでフックさん先頭でスルスルと抜け出す。

次ぐドラコさんが上りで先頭交代を要求。

調子上がってないと察する。

 

3段坂一発目手前で、フックさん吸収。

 

シーラさん上りでペースアップ。

更にバニラさんが上りで力強い。調子良さそう。

Jrは相変わらず上り速い。

ドラコさん、自分の順で耐え忍ぶ。

上り速い2名がいるのでペース上がりキツイ。

 

梅林公園坂でドラコさんが、

先に行ってと促すが直ぐに頂上。

 

バニラさん、Jr、シーラさん、ドラコさん、自分の5名で下り、

最後の坂に入る。ガメロンさんこの辺で合流。

 

バニラさん気迫の走り。先頭でガンガン上げる。

頂上でJr、ドラコさん、自分、バニラさんの順。

そしてガメロンさん。

シーラさんここで遅れる。

 

 

S字の一発目で先頭で下るJrが改善の余地があるコーナリング

 

国道に出て、またしてもバニラさん牽く。

ガメロンさんが長めに牽いてくれる。キツイ。

 

自分はスプリントにかけるべく走るが、

休憩所までの僅かな上りとハイペースで切れそうなる。

バニラさんが本当に全力で牽いて出し切る。

 

残り200メートルで少し緩んでJr、ドラコさん、自分で

ドラコさんが仕掛けるのを確認して、スプリント開始。

若干上り。Jrとガチスプリントになる。

 

平行線の我慢比べで、ほんの僅かな差で先着するが、

こんなにスプリント力あるのかと驚きと、

全て出し切った自分がいる。Jr強い。本気で。

 

帰路は台風の影響で道が荒れているので

注意して無理しないようにと

フックリーダーから。

 

国道からS字へ。

既にペースアップ。

上りきってアップダウンでバニラさんペースアップ。

バニラさんかなり体キレている。

Jr、ドラコさんが続き、3名の逃げに。

 

追うフックさん、イカルスさん、自分。

サンゴー付近でバニラさんキャッチアップする。

Jr、ドラコさん2名で逃げ。

 

8割フックさんの牽きで、上りでイカルスさん上げて、

あんなに牽いてくれたフックさんを切り離し、

残り500メートルくらいで2名に追いついく。

4名となり、最後、200メートルでスプリントで先着。

 

ニッセンから国道まで

ローテで回す。最後の橋を超えて、

ドラコさんの後ろからアタック開始。

後ろにJrがいる。

 

この区間平坦スプリント負けたら

絶対狙うレースで勝てないので全力でもがく。

もう後ろいなかったが、最後まで踏む。

 

自分はスプリントを強化しないと

どうしようもないので、

そこに目的意識を持っている。

 

これは自分一人では練習出来ないので、

大目に見てくれるメンバーに感謝。

結果で返したいと思います。

 

 

あとポジション見直し、先週からの修正がきっちり出来た。

やっとポジションのいろはが分かり始めたと思う。