ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

シマノ鈴鹿 DAY2

2日目。

朝一 マスターズ 40+ 2周

チームからはドラコさん、バニラさん、自分が出場。

 

1周目は落車リスク軽減の為、前10人以内を意識。

2周目はコントロールラインがスプリント賞かかっており、

いい位置にいたので、無理しない範囲のスプリントで

ポイント圏内の4番目通過。ドラコさんは確か3番通過。

 

集団と差が開いたが、あと1周逃げ切れる自信がないのと、

スプリントの方が勝てる確率が高いだろうと考えて、

ペース落として集団を待つ。

 

後で振り返ると、後のペースなら逃げ切れた可能性がある。

 

残り200メートルに備え、位置取りだけを考えて走る。

一度少し後ろに下がったが、再度浮上。

 

最後のタイミングが迫る。

脚は残っていて完全な状態でスプリント出来る状況が整う。

 

昨年の優勝者の後ろに付いて、タイミングを見計らってスプリント開始。

残り100メートル切っている。

離されるわけでも前に出る訳でもなく、更に横に1名。

そのままフィニッシュラインを通過。

 

3位か。。と思ったら前で一人手を上げている。

逃げていた人がいたのか。。。

結果4位。

 

一度、下がった時に

逃げに気づかなかった。

スプリントのタイミングも遅すぎた。

難しい。

 

 

続いて、

1時間サイクルマラソン

800人以上とか

 

先着順スタートで、

並びたくないのでギリギリに行ったら500番くらい。

 

スタート渋滞にハマった。

終わった。これは出場してはいけない種目だと認識。

 

 

チームのトピックスとしては、

TTTでメンバーが出場したレースで見事優勝。

去年の悪夢を振り払う走りと、地道な努力は凄い。

 

その他Jrの賞総ナメや、

記録に残らないけど記憶に残る

楽しい2日間になった。

 

チーム誰も怪我しなかったのでよかった。

 

一番びっくりしたのが、

イカルスさんはエリートで余裕の走りだったのだが、

何とレース中はボトルを飲めない事実が発覚。

喉カラカラとレース後言っていて、

衝撃過ぎた。

 

少し気になったのが、レースの出場者数や

ブースの数が減っているような気がしたのは気のせいか。。。