ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

GW DAY8 AACA1-2参戦

本日AACA1-2参戦。

 

GW疲れMAXなので強制的に走れるレースに出場。

5.1km✕8周回 40.8km

 

AACA出場は2年振りくらいか。当日エントリー。

基本的に土曜日開催の為、子供の習い事とブッキングして

なかなか出場のチャンスが無かった。

 

 

今日は自分以外、嫁の実家に帰省しているので

チャンスタイム。

 

1-2では過去2回優勝しているが、

コース変更でZコーナー無くなってからは出場した事が無く

クランクが追加されたり、

自分にとって初のコースと言っても過言じゃない。

 

正直レベルも上がっているだろうし何処まで自分が走れるか

スタート前不安。

 

ローリングスタート。クランクを抜けて北に向かう。

途中、道路が横幅拡張されていて驚いた。

2年前のイメージと違う。

 

数周回、感覚を確かめながら走って、

距離半分くらい過ぎてから、

正しい日本語で表現すると、

 

控えめに言って、このコースめっちゃ楽しい。

ずっと走っていたいと思うくらい。

 

毎回出場したいなあと思う。

 

あっという間に最終周になり、

バックストレートでスピードアップするけど、

キツいという感覚は全然なくて、

楽しんでいる自分がいる。

 

残り数百でコーンで車幅が狭くなる区間

左横の人と接触するも、周りをざわつかせたが、

立て直して、そのまま加速して3番手に出る。

 

f:id:R306_25:20180505222452p:plain

 

コーナーで曲がれると思ったら、

タイヤのグリップが無くて、

リヤタイヤが滑る。

ここもグリップ回復して事なきを得るが、

またもや周りをざわつかせて、

後ろ一気に車間開く。

 

これは本当に申し訳ない。

逆の立場だったら怖発狂する。

 

そんな意図しない作戦で最終コーナーで

3人に絞られたが、流石にコーナーで

スピードが落ちた事により立ち上がりが遅れる。

 

1番手の人が脚に来ていたのか、

クリート外れて、2番手に人に刺される。

 

自分は3位でフィニッシュ。

 

兎に角、落車で迷惑をかける事にならなくて良かった。

後続が上手く対応して頂いたという結果だった。

 

多分、自分が最終2つ目のコーナーで

普通に立ち上がっていたら、順位も変わっていたと思う。

本当に最後申し訳ない。

 

 

久々にAACA走って楽しかった。

 

ただ、次いつ出場出来るか、

カテゴリー1-2は開始時間的に調整が難しく

1-3でギリだけど、悩ましい。

 

東海地方良いレースが沢山あり、

やりくり次第。贅沢過ぎる悩みでもある。