ルート306(from R306 with a bicycle. stay positive deale)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

GW DAY2 平田C3⇒ワーサイC3

毎年のダブルヘッダー

 

まずは平田C3から

チームからはキッドさんと自分がエントリー。

 

スタート直後から逃げては吸収を繰り返す展開。

レース自体のレベルがどんどん上がっている。

 

立っていると風は無風だけど自転車で走っていると

ホームストレートで向かい風を感じる。

 

動きがある時に乗り遅れないようにだけ気をつける。

 

先月よりかは自分のコンディションは

良くなってきているようで、

冷静に走れてたとは思う。

 

残り数週で1人逃げて、蛇行するくらい思いっきり牽制入って

差がどんどん開いていく。

 

最終周でもう追いつく事が出来ない差になっていて、

集団の先頭を取り最低限の2位狙いに切り替える。

 

最終コーナー6番手くらいだったと思うが、

前の人がバランス崩して草むらに突っ込んでいった。

減速をしいられたが、巻き込まれなかった事が不幸中の幸い。

 

残り250メートルで良い判断が出来て、

なんとか集団の頭は取って2位だった。

 

今日の晴天無風での1人逃げは強い。

 

https://www.instagram.com/p/BiIs2BXArPl/

 

天気が良く気持ちの良く走れた。

青山ロケッツの方と鷹組3人で談笑し

ローカルレースの良い所。

 

早々に切り上げ滋賀の琵琶湖の畔を目指す。

 

高速でビューン。

半自動運転で助かる。

 

高速降りるとGWという事もあり渋滞。

それでも2時間前には到着。

 

ワーサイのコースは風が吹くのでパワー系の方が有利。

平田では全然風が無いのに、風が吹いている。

 

スタート準備位置に並んでから待ち時間が有り、

他のチームの方と談笑。ホビーレーサーで重要な事。

 

スタートして、今年もペース速い。

平田のダメージも少ないと思っていたが、

走り出してからスプリント一発が踏めない予感が。

 

途中からホワイトジャックのM川さんが逃げて、

回して追いかけようと促されるが、

M川さんが折角逃げているので拒否。

追走集団の2番手位置をキープ。

 

そんな事をしていたら一気に差が広がり最大で16秒との情報が。

最後の1周でペース上がって、

最終コーナー立ち上がりで、3位入賞は厳しいなと

思ってしまって最後踏み切れず、ずぶずぶでゴール。

 

めちゃくちゃ抜かれた気がした。

M川さんが逃げ切った。本当に凄い人で尊敬。

 

レースから気持ちを切り替えて、

各ブースを回る。

 

プチシマノ鈴鹿みたいに充実しており楽しい。

特に楽しみにしていたメーカーの方としっかり話しが出来て、

お勉強になった。

 

試乗車も結構乗った。

ピナレロ、フェルト、メリダサーベロ

ん。自分のキャノンデールも含めて

自分の中では、

フレームで差が出る程の違いは無いという結論に至った。

 

あとサングラスでノーズパッドの無い

画期的なアイデア商品があり(メガネで有名な鯖江市生産)

何気に立ち寄ったが、驚きだった。

www.zygospec.com

 

シューズのフィッティングをして貰っていたら、

自分の名前が呼ばれた。

入賞のぎりぎりラインの6位だった。

3位以下の順位はいろんな意味で関係無いと思っていたが、

ステージで賞状を綺麗なおねいさん(リーダーが羨む)

から頂いた事は思い出にそっとしまっておく。

 

そろそろ頑張ってもいい時期に来た。