ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

草津ナイトレース DAY1

琵琶湖の湖畔で行われるナイトレースに出場。

 

 

肝心のライトの固定部品を忘れてしまったが、

インシュロック最強で全く問題ない。

 

https://www.instagram.com/p/BXIAvw6B4Es/

 

早い時間帯のレースはまだ明るいが、

自分のレースは完全に日が落ちてナイトレースらしさを感じる。

 

https://www.instagram.com/p/BXIBTTyBYyj/

 

レース前に15キロ程アップで走ったが、

琵琶湖に風が抜けて、凄く気持ちが良い。

https://www.instagram.com/p/BXIBtKYB1pP/

 

駐車場で準備していたら、

福岡のツールドおきなわのレジェンドが

自分の車の横で準備をしていて目を疑う。

 

もちろん挨拶する。

この人の為に、おきなわの

60オーバーカテゴリーが出来たのでは。。。

そんな話しを

 

自分の先にいる人で、

自分もこんな年の取り方が出来たらと

憧れの存在である。

 

レースの方も目に焼き付けるべく

最終コーナーで観戦。

 

最終コーナー立ち上がり、

2番手から上りゴールに向かって加速し

届かないかなと思ったが、

更に加速し差し切って1位でした。

 

やっぱりスプリント力が違う。

 

 

自分のレースの方は、

今年は全くスプリントに切れが無いので、

そこを意識しスプリントで出し切る事を考えてスタート。

 

不調の原因は、コンディションの他、

機材をテストで変えてみたり、ポジションを変更したり

毎回、レースでテストを繰り返していて、

正直、泥沼にハマっている。

 

特にポジションでは上りも

もう少し登れるようにと欲張った結果

どっちも駄目な状況に陥っている。

 

ただ、ここ最近、

良い感じのポジションが見つかった。

このレースにおいては機材も戻した。

空気圧も少し下げて、

スプリントのグリップを重視した。

 

レースの方はわりと活性化していて、

毎周回アタックがあり、

自分も落車が怖いので時折先頭で走る。

 

最終周に第2コーナー手前から、

早めのスプリント開始。

 

コーナー2つを上手く回れて、

1番手でゴール出来た。

 

今年はスプリントがダメダメだったが、

このレースに限っては一瞬、掛かって

懐かしい感じが蘇った。

ここから復調していきたい。

 

最後にレジェンドと表彰台で写真を一緒に写真を撮ってもらった。

これは、自分の宝物にしておく。