読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鷹連80キロ

チーム練習会

まず全然関係ないですが、

金曜日にお休みを頂いて、娘の卒業旅行と称し、

歴女の長女の希望で京都めぐり。

https://www.instagram.com/p/BSU-83Wh6xo/

京都は車多く渋滞激しく、人も多く、

日本人より外国の方が多いくらいで、

情報で知っていたが、大げさやろと思っていたが、本当だった。

 

中国から一時帰国した、弟以外の弟家族も含めての大人数で、

子供達は夜の旅館でかくれんぼなどをして、

そちらの方が楽しそうだった。

 

長女は京都のお茶が美味しので自分への土産で買っていた。

自分が子供の頃は、絶対、買わないだろう。

たぶん無意味に模造品の刀とか、絶対使えそうにない

龍の財布を買って喜んでいた自分を思い出す。

 

そんな事で、本日の鷹連は、

体が重たく、疲れMaxだけど、

これはに参加しない事には強くなれないので

気合で行く。

 

一番に到着。かと思ったら、

カーリーくんが湖畔に居た。

 

本日の参加者

 

キッド さん
バニラ さん(TTバイクで途中まで)
イカルス さん
フック さん
タランチュラ さん
カーリー くん
ケムラー

 

https://www.instagram.com/p/BSXEqQQg9e-/

 

 

EVO兄弟の後ろに、カーリーくんのNewマシン。

しまった。撮り忘れた。きれいな配色で春らしい。

 

今日もトピックス的にみなさんの調子を書く。

まずは小島。

 

交差点で信号待ちの時に、

イカルスさんが、先頭回ってこなかったらいいのにと

言っていて、無理ですよ。とフックさんと突っ込んどいた。

 

キッドさんが相変わらず鬼引き。

鈴鹿スカイラインヒルクライムで30分男のカーリーくんも

めっちゃ牽く。

 

フックさん先頭で、後ろ自分で、

先頭交代しようと思ったら、

先頭交代出来ないくらいのペースで牽くので

なかなか交代出来ず。

フックさんがキング ゼットンさんと被った。

 

最後はカーリーくんが加速し、

タラちゃん、自分で、

タラちゃんが緩めたので、

行かないの?って聞いて笑っていたので、

カーリーくん追いかけるが、

最後まで強かった。

 

その後、R306石榑のSPは、

全員鬼引きするのでキツイ。

 

あんまり覚えていないが、

自分とタラちゃん、最後いたような気がしたが、

しかし全く自分としては踏めなくて、

キレも無く今日は、

我慢して付いていくしかないと悟る。

 

神毛神社から高架下くぐって、

カーリーくんが上げていく。

本当に強い。覚醒してる。

 

坂本の坂に入る。

自分は力が無いので、くっつき虫で、

最後、カーリーくんが強く先着。

 

納豆坂へ。

ここもカーリーくんが強かった。

 

三段坂へ。

キッドさんが一発目しかけてくる。

 

追うイカルスさん、カーリーくん。

自分。

 

キッドさんに追いついて、

自分も梅林公園口の坂を登りきって、

下りで遅れてしまう。

 

そのまま、

国道に出て、追いつけるかなと思って踏むも

ぎりぎり追いつけず、

平坦区間でイカルスさんと、カーリーくんの

2人にじりじり離されて、

休憩所へ。

 

またしてもタラちゃんトラブルで、

DI2電池切れで変速出来ないとの事。

整備も含めて自転車だからダメだぞ。

 

最後はカーリーくんが振り切って、

本当に強かった。

 

帰路でスカイドンさんとすれ違う。

 

帰りも高速列車。

上りも後ろで330W超えてる。

 

ニッセンから国道までのSP。

フックさんが鬼引き。

 

最後の橋でカーリーくんと先頭交代し、

この位置は厳しいが、

 

早めに踏むが、後ろから、

あっさりフックさんが渾身のアタックで抜かれ

なんとか列車に乗るが、

イカルスさんとカーリーくんが更に踏んで、

その列車には乗れず。終了。

 

カーリーくんが最後、スプリントで逃げ切っていた。

今日は終始、カーリーくんが強かった。

 

強くなるとは思っていて、

以前、あと2年かかると本人に話していたが、

1年くらいで覚醒してきた。

 

いやいや、春のエンデューロ走れないのは残念だけど、

今後、大きな戦力になってくれるはずだと思った。

 

時間が無く、文章校閲してないので

 誤字脱字、日本語あやしい所があると思いますが

ご勘弁。 

 

そして今から家族行事へ。