読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鷹連80キロ

チーム練習会

本日、鷹連の日

 

昨日たった100メートル全力で

走っただけなのに結構ダメージが残っている。

本当に回復遅い。年齢には逆らえない。

 

本日の参加者。

 

バッファローマン さん
ゼットン さん
ガメロン さん
イカルス さん
フック さん
スカイドン さん
ザラガス さん
ポール くん
カナン くん

 

いつも通り伊坂ダムスタート。

伊坂ダムの途中で、

最強キャラのポールくん出現。

 

ポールくん今日は何処まで走るのか?

気になってしょうがない。

心の準備とペース配分を間違うと

完走できなくなるので。

 

小島SP

ポールくんの牽きで終盤、

中切れで、残り諦めようかと思ったら

イカルスさんが中切れ回収してくれて、便乗し、

トレインに再ジョイント

 

最後、2、3番手にいたフックさんがアタックして

自分も追っ掛けて、最後もがくが、

フックさん強くて差し切れなかった。

 

 

ミルクからR306のジョイント区間

リーダー中心にここも上げ上げ。

最後着いていけなかった。

 

R306石槫SP。

ローテで先頭で残り200メートルくらい。

ポールくんがの発射を見送る。

イカルスさんが追うがダメ。

 

坂本の坂。

ポールくん中心にローテ。

最後、ポールくん、フックさんが抜け出し追う。

フックさん喘いでいるが、ペース落ちず。

 

ポールくんが先着したような。記憶が曖昧

フックさんがこの区間出し切っていて、

自分の中では敢闘賞。

 

ここでポールくん帰宅。

 

納豆坂に入る。この坂は苦手。

納豆工場付近の斜度がきつくなる所で

アウターダンシング。

レジェンド ゼットンさんが牽く。

 

上り得意なザラガスさん、

ガメロンさんが上がってくる。

 

右コーナーから更に斜度がきつくなる所で、

ザラガスさん、カナンくんアタック。

後ろから追従し、重めのギヤ踏んで何とか先着。

アウター53で上りきった。

 

ここでリーダー帰宅。

 

フジワラGCでフックさん、ザラガスさん帰宅。

 

3段坂に入る。

ゼットンさん続くカナンくん。

カナンくんが坂でアタック。

 

厳しい時間帯だったけど、

なんとかついて行く。

 

カナンくんがキツそう。

ゼットンさんが先行して追う。

イカルスさんも昨日ランニング

だいぶ走っているようでキツそう。

 

最後の坂でゼットンさんアタック。

自分ずっとアウター53で踏ん張る。

 

上り強いガメロンさんがアタック。

なんとか、追いつく。2人逃げになる。

 

下りから更に上りS字下りの区間

アタックかけてR365から休憩所まで1人旅。

 

追いつかれないように、

ひたすら我慢して、

何とかそのまま休憩所まで辿り着く。

 

休憩所は、日陰で標高も高いので寒い。

 

復路。

R365からS字上り区間でカナンくん上げる。

イカルスさんも上げるが苦しそう。

 

下り区間でアタックして、

その勢いで上りに入る。

1人逃げになり、何処まで逃げれるか

巡航能力は課題なので頑張ってみる。

そのままニッセンまで逃げ切った。

 

ニッセンからのSPまで。

信号で停止。左ふくらはぎが攣る。

 

最後、500メートル橋の付近で

自分ローテ先頭で、

この位置だとスプリント厳しいかなと思うが、

 

約80キロ走って、最後に力出せるかが

沖縄でも重要になってくるので、

気持ちで踏む。

 

イカルスさん、に続きカナンくんがアタック。

その後ろから踏んで、

フィニッシュラインの電柱まで

良い回転数で先着できた。

 

先週の鷹連の感覚からサドル高を微調整し、

今日は良い感じで乗れた。

 

帰宅し、速攻、霞ヶ浦グラウンドへ。

サッカー部の応援。

 

過去20数年の歴史の中で、

初優勝の可能性がある。

 

試合は前半で3点取って勝利。

強い。

 

自分としては沖縄までには

コンディションを上げていくだけ

だが、嫁の向かい風も強く

自分の努力が家族の迷惑になりかねない

ので、そこを上手く出来るかが

一番の勝負どころだったりする。