ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

平田クリテC2結果

本日は平田クリテC2に出場。

 

C4、C3で走ったカーリ星人と、

C1出場予定のドラコさん応援有難うございました。

 

今日はギヤ比を悩んで、

雨が降る前の風が吹くだろうと予想し、

53T*11Tでは無く52T*11Tを選択した。

 

スタートまでの時間、

どうしても勝ちたい、正面からC1に上がりたいと言う気持ちと、

美山を含め、ここ数ヶ月、試行錯誤の結果、悪い方向に進んでおり、

何処まで修正出来たのか自分の立ち位置が分からず、

自分自身に必要以上にプレッシャーをかけている事を感じる。

 

ローリングスタート開始。

第2コーナー立ち上がり、いつも通りリアルスタート。

 

と同時にアタックかかり、と思ったら、

2列横の人が縦回転で飛んで、

横の人も巻き込みいきなりの落車。

 

左足に自転車が当たって痛かったが、

押し返し、そのまま加速した。

平田史上最速落車。

 

S地くんが、最初からガンガン逃げる。

巡航能力高いメンバーが今日は多かったのでペースが速い。

 

直線もペースが緩まないので、

どんどん振り落されていく。

 

自分も前に出れず、中盤から最後尾付近で

コーナーの度にインターバルを強いられ悪循環。

とにかく我慢。

 

前の方で、

アタックが繰り返されて、逃げて、吸収されてが

繰り返されているが、かやの外で、

必死に付いて行く事しか出来ない。

 

残り3周で、集団は小さく絞られた。

そしてペースも緩んだ事により、

かなり回復できた。

 

最後の2周目の第4コーナー立ち上がりから

ポジションを上げた。

 

第4コーナーから第1コーナーにかけて向かい風で、

スプリント勝負したい自分としては、

逆に有利で、52T*11Tを選択して良かったと心の中で思う。

 

最終周、恐らく15人程度だった。少ない。

第2コーナー立ち上がりから、

1人逃げる。いい勢いだったので逃げられる可能性が。。。

 

追う為にアタックかかる。

更に人数絞られていく。

 

第3コーナーちょっと前くらいで吸収し、

更にカウンターアタックがかかる。

 

そのアタックに反応出来たのは8人程度だったと思う。

自分は、後ろから2人目である事を確認し、

最終コーナー立ち上がる。

先頭が立ち上がりから加速し棒状に伸びる。

 

残り250メートルで前4人くらい

後ろ4人くらいに広がって、

自分は2列目中央。

 

200メートル付近で、

いい感じでスピードに乗れた。

 

ギヤ比と回転数もバッチリでスプリント開始出来て、

残り20メートル付近で先頭に出る事が、

そこからが長く感じた。

気合いで踏み切って、1位でフィニッシュした。

 

平均速度が自分のサイコンでは42キロオーバーで

自分の経験の中では過去最速だった。

 

やっとC2まで辿り着いてC2で勝てた。

そして、

やっとC1に自分自身納得して挑戦できる。

 

C1の方では、

昨年、同じカテゴリーで、

この子は速いなと思っていた子が勝って、

既に2勝目を上げて、

自分もその域までいけるかは分からないけど、

ここからが勝負だと思う。

 

シューズのせいにしてはいけないが、

Newシューズで勝てたので安心できた。

https://www.instagram.com/p/BGikMzYIVgz/

 

特に何がいいって事もないけど、

違和感がないのが良い。

ただ包むような形なので、

今までのシューズと比較すると通気性が若干悪い。

冬は良いかも。