読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

AACA1-2

レース

近所のおばちゃんが、

早朝、子供に畑のさくらんぼを取らさせてくれた。

https://www.instagram.com/p/BFaCTG3oVuM/

 

 

本日AACA1-2出場。

 

朝の優雅な時間から一転、

仕事のトラブルの電話で出発が遅れる。

途中も電話。

到着しても電話で、着替えしながら、いろんな人とやりとり。

出場10分前にスタートラインに立った。

 

こういう時は、気持ちの切り替えが重要なので

いつも以上に集中してレースに臨む。

 

鷹組からは、

自分とOTくん。

応援でTT終えたバニラさんと

ポールくん(彼女付き)とヤスくん

 

出場選手70人?多い。

しかもC1クラスの人がちらほら。

遅かったので最後尾スタート。

 

1周目。バックストレートの向かい風が半端なく

ペースが緩むので、簡単に先頭まで上がれた。

 

数周は前方で走るも、

バックストレートで詰まるので、

前にいる意味が無いと考え、

勝負所まで中盤付近の位置取りで行く。

 

バックストレートは、向かい風で、

縦に短く横に広がる。

 

5周目に(タイムから推測)そのバックストレートで

集団やや川沿い付近で落車発生。

ドミノ倒しで、逆側にいた自分の方に

徐々に近づいてきて、前の人も落車。

 

f:id:R306_25:20160515183820p:plain

 

フルブレーキで、後輪浮いて

前の倒れた自転車踏んで、自分も巻き込まれる。

20人くらいの大落車。

 

前を見ると集団が遠のく、

上に自転車が重なって、直ぐにスタート出来ず。

 

ニュートラルにしてくれよと心の中で思う。

 

だいぶ遅れて必至に踏む。

Zコーナーからの直線は追い風なので、

1人でもなんとか行けるが、

 

バックストレートは、

向かい風で集団の力には勝てず、

集団復帰を諦める。

 

落車に巻き込まれ遅れた人たちで

グループを形成し追う。

 

強力して回して行く。

追い風に強い人、向かい風に強い人、

走っていて特徴がわかる。

 

ドリンク飲もうとしたら、

ボトルが無い。落車時に飛んでいったと思われる。

 喉が渇く。

 

そんな感じで最後尾集団で

粘るも10周目でDNF。

 

風が強く、

追いつく力はなかった。

 

その後も落車があったようで、

DNF続出のサバイバルレースだった。

 

OTくんも最初の落車で

大ダメージを負った。

 

いつも一緒に走っている人たちも

体や機材にダメージを受けて、

なんて言って良いか分からない。

 

数年前、AACAで同じような強風で、

ハンドルが折れ、カーボンホィールがえぐれた、

記憶が蘇った。

予想もしていないので、経験上、

普通の直線が一番危険だ。

 

過去90レース程出場しているが、

いかに身を守るか、もう一度考えていこ。

自分の保護具です。

https://www.instagram.com/p/BE2Bp24oVsJ/

 

大腿骨守るケツパッド

https://www.instagram.com/p/BE7ClbqIVnl/

 

 

 

心のメンテナンス兼ジャージを受け取る為、

サンコーさんへ。

 

変速がイマイチなので見て貰ったら、

リヤディレイラーワイヤーが切れかかっていた。

最近、変速が鈍いと思ったら、

しかし全然気づかんかった。自分が鈍い。

 

https://www.instagram.com/p/BFav6DMIVkZ/

 

帰宅後は、新しく出来た保育園まで行って、

水路で子供達と葉っぱ流し競争し帰宅。 

 

https://www.instagram.com/p/BFa_O76IVhQ/

 

また明日から頑張ろう。

仕事と自転車。