読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

初積雪

山に2回雪が降ると麓に雪が降るという

昔からの言われの通り今シーズン初の雪が積もった。

 

https://www.instagram.com/p/BAvWB4QoVtm/

 

たまたまお休みを頂いていて、

保育園に娘を車で送迎する時スタッドレス履いていても

ちょっとした上りでスリップ。歩いている人も転んでいた。

 

お昼は、嫁と一番下の子と近くのお店でランチ。

小さい子供が居ると分煙しているお店が少なく困る。

百害あって一利無しなのに。自分も昔し吸っていたが。。。

https://www.instagram.com/p/BAv1Bc0oVt2/

 

今日は、喉が痛く少し風邪ぎみだったので、

補強トレーニングのみ軽く行った。

 

今年は今までより細かく記録しているので、

何か面白い事が発見できるんじゃないかと楽しみにしている。

 

過去3年間レースでいろんな発見があった。

機材的にも、トレーニング内容的にも、走り方でも。

 

現時点では、まだ言える強さが無く説得力が欠けるが、

一つだけクリテ系でNGな機材がある。

 

あくまで自分の中でですが、

それはカーボンリムです。

 

理由はブレーキ性能が劣っており、

コーナー立ち上がりで余分なパワーが必要だから。

 

更に自分はカーボンディープリムで

20Cタイヤを使っていたので顕著だった。

 

なのでアルミリムの25Cを本当は使用したい所。

しかし'14 EVOはリヤのチェーンステーとのクリアランス不足で

コーナーやダンシングの際にフレームに干渉する為、

装着出来ないのが残念。

 

なんでホイールについて書いたかというと、

これからも安全に楽しみたいという思いからです。

 

ブレーキ性能が低い上に、

カーボンディープの場合、風の影響で安定性にかける。

 

落車が多いコンディションの1位は雨

では無く、風が強い日だと思っている。

両方の時は最悪。

 

特に前方からの風が危険。

急な減速で前が詰まって、

後ろが間に合わず追突する落車を何度も見た。

というのもあり、ブレーキ性能は重要。

 

今後、ディスクブレーキが解禁されれば

状況が変わってくると思うし、

もちろんTTやヒルクライムでは、

既知の通りカーボンディープは優位だと思ってます。

 

本当かどうかは、

レースで検証してみてください。

僕が自分自身を信用していないので。