読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

平田クリテC3 第12戦(エキシビジョンマッチ)

本日、平田クリテ12戦。

 

今年から12戦目は、エキシビション的に行われ、

年間ポイントは1戦から11戦で集計される。

よって今日のレースはポイントに反映されない。

 

C3で年間ポイントで1位から3位は招待レースという事で、

ポイント1位で招待して頂きました。

 

表彰式があるので、家族の協力もあっての

年間優勝なので、応援に来てもらいました。

 

ただ嫁はカゼだったので、嫁と長男は抜きの

娘2人と付添で父に来て貰いました。

 

レース直前に鷹組メンバーも応援に来てくれて、

凄く嬉しい気持ちになりました。

 

昨日の練習会の疲れが残っている

もんじくんは、なかば強制的に

C3に強制参加してもらいました。

 

そして、

練習会に参加してくれたOくんも出場。

 

年間3位までの選手が最初に順に名前を呼ばれ

暖かい拍手を頂いたのが嬉しかった。

3位までの選手の中で、自分以外、超若手で有望選手。

 

8周(16.7km)のC3レースがスタート。

次女の応援の声が大きい。

何故か、名前呼びつけには笑った。(嫁と一緒やないか)

 

スタート直後からゼッケン3番の子がペースを上げる。

前前で展開したいので自分もローテに入る。

 

3周目くらいに、黒ヘルさん他数名が逃げる。

2周くらい逃げたと思った。

 

5周目くらいで流石に逃げられるヤバいと思い、

バックストレートでブリジする。

ゼッケン3番の子とOくんと私がドッキング。

 

ゼッケン2番の子が居ない事を確認。

スプリンターなので絶対逃げ切りたいと思った。

 

そこから絶対逃げ切れるから、5人で回そうと提案。

追いつかれたら終わりだからと、数回言う。

Oくんも苦しそうだったが、頑張っているなと思った。

 

 

5人の逃げたい気持ちが一致して、

毎周、集団からタイム差を開ける事が出来た。

 

残り1周になって、

集団は追いつけない距離になっていた。

相変わらず次女の応援の声が大きい。

”呼びつけで、こけるな!!”とか

 

第2コーナー立ち上がりまで先頭。

ローテーで一番後ろに入った時に、

3番の子がアタック。

 

中切れしたので、

少し躊躇して、前2人を抜いて

全開で踏んで、少し差が縮まったが

自分が持たず、抜いた2人に追いつかれた。

 

第3コーナーに入って4番手。

3番手は黒ヘルさん。4番手は自分。

 

第3コーナーから第4コーナーの間で、

2番手の子が更にペースを上げる。

 

2番手の子との距離が空き、

更に追いつくべく踏んで少し詰まるが、

それ以上、距離を詰めれない。

 

最後、黒ヘルさんとスプリント勝負となり

3位でフィニッシュ。

 

自分としては、最終周の第2コーナーで

上手くドラフティングに着けなかったが敗因。

 

ゼッケン3番の子は巡航能力が高いのは知っていて、

スプリントに持ち込みたかったが、ダメだった。

C3では珍しい逃げきりレースだった。

 

表彰式は、ゲストの狩野選手から

ウィーナーグラスを頂いた。

 

帰りにリュックの鍵がグラスにあたり

微小クラックが3か所入ったが、

なんとか持ちこたえている。

多分、食洗機に入れたら割れるかも。

https://www.instagram.com/p/_OeM_mIVol/

 

今年も平田でレースで走って頂いた方、運営の方に感謝したい。

毎月目標を定めて取り組めて充実した1年を送れた。

 

 

待ち時間の長女の力作。

https://www.instagram.com/p/_Nvf5EoVut/

 

 

ともあれ、

今年も最終レースが終わった。26戦目か。

いろんな意味で父としてサラリーマンとしての上限を超えてる。

 

おこがましい表現ですが、

暫く自転車は休みたい。