ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

AACA 第10戦 結果

本日AACA 1-2参戦。

 

前回、体調不良で2周で切れて、

4周で終了した。

 

1か月経って、どの程度回復したかと、

おきなわに向けて最後のレースで、

コンディションの確認と

絶対、怪我はしないという気持ちで臨む。

 

前のレースで落車で救急車が入り、

定刻より1時間遅れでスタート。

 

その間、アップが十分出来て、

自分の体状態としては、

なかなか感触が良かった。

やっぱりアップは必要です。訂正しお詫びいたします。

 

間違ってはいけないのは、

ピークが今日であってはいけないので

そこは意識して走る必要がある。

 

1-2 3.1km×10周回 31.0km

 

いつも通りのルーティーンからスタート。

周りは実業団登録選手や大学生とかなり強力。

 

1周目は、確認しながら走る。

3周目だったか、Zコーナーで直前の人が落車。

立ち上がり遅れて、挽回するのに脚を消耗した。

 

前半ペースが速く、しかも60人くらいいるので

川沿いのストレートでは、

ちょっと気を抜くと、20人単位で抜かれる。

 

5周目だったかスプリント賞周回で、

5番手以内で、行けたら行こうかなくらいの

位置取りを取りつつ、結局、トライしなかった。

 

残り数周は、体感的に若干ペースが下がった気がした。

最終周、Zコーナー、5番手くらいで立ち上がり、

ゴールスプリント出来る権利を得られそうと感じる。

 

北に向かうストレートで、

Hハラくんが逃げを試みる。

Hハラくんの強さは十分知っているので追従する。

ある意味、自分が追ってはいけなかったかもしれない。

 

川沿いのストレートで、殆どのアタックに反応して、

そして潰れての繰り返し。

 

最終アタックが後ろから入る。10名くらい。

一瞬乗り遅れて、第3コーナーに10番手くらいで入る。

 

最後の上りで数人抜いて、1名抜かれて、

結果は、恐らく5位だと思われる。

 

レースを終わって、

感触は悪くは無かったので良かった。

 

最後の1周の走り方で、

もう少し自分のストロングポイントを出せるような

走り方をすれば、結果は違ったと感じている。

 

このコースに限っては、

もう少し体重を落とした方が有利だろう。

 

1ヶ月前は最低コンディションだったが、

今はまだ上げれる感触があるので、

体と相談しながら調整していく。

 

MSエースキラーさんにレースレポートと 

弱気過ぎるとご指摘頂きましたので、

ちょっと強気を今日は意識しました。

 

S巻さんと走らせて貰った所から、

良い方向に向いたと思う。

ポジティブパワーを吸収出来たのかも。