読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

平田クリテC3 第10戦

レース

本日、平田クリテC3に出場。

写真はC2。

https://instagram.com/p/89e7oHIVqs/

 

今日の調子を確認すべく、軽くアップするが、まだまだ感がある。

ただポジション微調整し久々にフィットしている感じがした。

 

C3は自分以外にもんじくん。

自分にとっては、今回1位になれば

残り1戦を残して年間優勝が決定する大切なレース。

 

レースが始まる。8周回どう走りきるか。

前回1位の子に逃げられているので、

同じ失敗だけは犯さないように注意する。

 

最初の3周は、

あるチームが意図的に牽いて、逃げの動きがある。

逃げられないようについて行く。

 

残り2周になってまずまずのポジションをキープ。

残り1周になって、第1コーナーを2番で通過。

だったと記憶しているが。

 

第2コーナー立ち上がりから、

5人くらい先行していたような。

 

後ろを確認すると、

中切れを起こしていた。

 

後で聞いたら、

もんじくん第2コーナーで滑って落車したとの事。

 

第3コーナー手前で、

また、2人が牽きだす。

早すぎやろと思ったが、

そういう事かと後でわかる。

 

コーナー後の細くなった所を利用して、

2人減速。ブロック状態から

3人目が逃げた。アシストだった。

 

前回1位の子がまず追って、

遅れて自分も追う。

一瞬数メートル離されたが、

残り300メートルくらいで追いついた。

 

周りを確認すると、数人いた。

一瞬4番手くらいに落ちたが、

上手く間を抜けて、残り100くらいで

アタックかけて先頭に出て、そのままゴール。

なんとか勝てた。

C3の年間優勝が確定した。

 

去年C3で年間優勝のチャンスありながら、

後半に失速して、C3を一年間留年した。

 

上のカテゴリーで走る事も考えたが、

C3を落としたことは自分の中で納得が行かず、

上に行ってはダメだと思った。

 

C3で留年して思った事は、

勝つのはそう簡単じゃないという事。

 

1月から4月は、フレームも変わり、

ポジションも試行錯誤のチャレンジで

思うように結果が出なかった。

 

5月から7月はポジションも固まり、

調子が上がって来たが、

美山とブッキングや、レース事態が流れたりと

結果を出すチャンスが無かったが、

7月に遅すぎた1勝。

 

8月も流れ、9月は激務、体調不良、

そして今回の10月に2勝目。

 

今年は、高校生の快進撃もあり、

様子が変わってきた。

良い流れであるが、

負けてはいられない気持ちはもちろんある。

 

一年間振り返って、

参加するチャンスを与えてくれた家族には

凄く感謝している。

 

毎月レースに参加する事で、

目標に向かって準備する楽しさがあった。

 

今年まだ2戦あるので、

ここからはチャレンジに行く。

やっとスタートラインに立ったという気持ち。

※最終戦は招待選手でC3

 

https://instagram.com/p/89eCIZIVo3/