読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

シマノ鈴鹿Day2

レース

1日目は、残り400メートルで落車という一番やってはいけない結果。DNF

2日目、昨日の反省を生かして走るだけ。

 

朝スローパンクで出発遅れる。

なんとかスタートラインに立つ。

 

ゼッケン番号順スタートで一番最後尾スタート。

5周あるので最後尾であろうと影響ない。

 

最初の3周はアップ。

ただ脚がめっちゃ重い。明らかに調子が良く無い。

 

勝負の4周目のホームストレートで先頭を捉えれる位置まで上がる。

最後の1周シケイン立ち上がりよりアタックかかり、数名逃げる。

 

柔道クラブ弟くんブリッジ。を確認。

いつも通りアグレッシブだ。

 

更に集団スピードアップ。

ヘアピン手前で追いつく。

 

追いついてから逃げ数名。

その列車に乗車できた。

 

これはいい感じ。

下りでの位置争いが熾烈。

度胸勝負。

昨日の落車があるので、

必要以上に位置取りに固執してしまう。

 

残り400メートル。

後方からアタックかかるが、

自分の心のスプリントスイッチが入らず、

見送ってしまった。

 

表彰台に立てなければ意味が無いので後は流す。

結果、12位。

 

脚が動かなかった。+2.41秒

 

勝てなかった理由も自分自身では分かっている。

全てをひっくるめて力不足。

 

次に切り替える。

次週は平田クリテ。

 

1週間でははっきり言って改善出来ない。

正直、結果は期待できない。戦略で可能な限り埋める。

 

仕事やいろんな事を総合的に考えて、

少し休んで秋にピークを持って行く。

有言実行します。

 

 

自分の事はこれくらいにして

チームとして、

シマノ鈴鹿を振り返ると、

 

一番力を入れている

チームTTは、2位、5位、10位とトップ10に名を連ねた。304チーム出場中。

チーム総合力が高い。そして仲間を誇りに思います。

 

2日間を振り返り、本当にお祭りでした。

リーダを始め準備をして頂いた方有難うございました。

 

自分としては、全く自転車に興味の無い家族(本当はいい人です)と

泊まりで、シマノ鈴鹿鈴鹿サーキット遊園地&プールで楽しむという試みでしたが、

 

要領を得ていないので、上手く行かないところもあったけれども、

1日目は21:00の閉館まで遊園地を楽しみ、花火を見て、

2日目はプールで、子供達も喜んでいました。

 

特に夏の日が暮れてからの遊園地は、

なかなか雰囲気が良くて、楽しむ事ができました。