ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鷹連105キロ

本日、鷹連参加。

 

参加者は以下

アイロス さん
イカルス さん
エースキラー さん
ON DTK さん
ガメロン さん
ケムラー 
ジラース さん
スカイドン さん
タランチュラ さん
ナックル さん
ネロンガ さん
バッファローマンさん
バルタンさん
ピグモン さん
YG MAX さん

 

リーダーが我々の弱点克服のメニューとして

今日はテスト的に涼仙周回。

周回は4周回予定。

 

集合場所の伊坂ダムから目的地の涼仙へ向かう途中

ネロンガくんが先頭で上げるが既に脚がきつく、

今日はスタート前からダメだった。

 

昨日の疲れと、ポジションが悪く上半身が使えていない。

最初の1周はパレード走行(試走)って事でしたが、

やっぱり上げ上げ。

 

多度の砕石所の付近から遅れだし、

最後尾を1人で走る。

 

2周目はワット数200Wも出せない。

情けないが、

新しく出来たセブンイレブンを目標に走る。

 

早々にリタイヤ。一人でコンビニに入ると、

バルタンさんが店内にいて、

既にコーヒー入れていた。自分と同じだった。

 

このコンビニなかなかオープンせず、

建物だけがだいぶ前から出来ていて、

オープンしても行く事は無いだろうと思っていたが、

 

冬は雪の影響で涼仙の方も走りにきているので、

自転車の休憩に使える。

何より食事出来るスペースが大きく、

日差しがしっかり入って暖かくて良い。

 

ハンガーノック気味だったので、

補給して、ポジション修正、

サドル後ろに引いてバルタンさんと再出発。

 

暫くすると先頭集団の、

イカルスさん、YGさん、ネロンガくんの3名が後ろから来た。

つまり1周差。

2人は元から強いが、ここ最近ネロンガくんが凄い。

 

3人について行く。

涼仙の坂でネロンガくんが少し遅れる。

 

イカルスさんと、YGさんと暫く走る。

東建多度カントリー入口手前付近の斜度が上がる所で、

ついていけなくなり切れる。

 

暫くしてネロンガくんに追い抜かれる。

セブンイレブン交差点付近越えて、

バルタンさんが後ろからきて暫く走る。

 

涼仙前の交差点付近でリーダーが後ろから来て、

涼仙の坂を一緒に上って、3周で終了。他の人たち4周。

 

先頭のイカルスさん、YGさんは止められるまで

マシーンのように5周目突入。ネロンガくんも。

 

このコースはアップダウンがあって、

自分は苦手なコースだけれども、

苦手な練習をする事は意味があると思う。

 

日曜日に至るまでの練習で疲れ果てて、

一番効果的な練習で追い込めず、

本末転倒な結果となってしまっているが、

そのうち体が追いついてくる事を期待して、

リカバリーには気をつけて行こう。

 

5周目突入した人を待っている間、

同じEVOの同じ54サイズのONさんと自転車変えて乗ってみる。

ポジションが自分とはまた違って、興味深かった。

 

ONさんはステムが自分より短く、ハンドル高め、

サドルが遠く後ろ乗りで、その分サドルを下げていた。

大臀筋が自分のポジションより使えるなと思った。

自分のポジションはどちらかと言うと前乗り。

 

全員集合して、いつもの中華目指す。

ハンガーノック気味でがっつり食べたかったので、

細切れ定食を注文。今日も安定して美味しかった。

 

ここから自宅まで20キロ弱。

北風が強く、途中参加のジラースさんが涼仙に行くとの事で、

バイパス途中まで牽いて貰って助かった。

 

ヘロヘロで無事帰宅。

ポジション最適化の度も3周目くらいして、

結局、今日セブンイレブンで元のポジションに戻した。

 

いろんな人がいろんなポジションを言っていて、

だいぶ調べて実践した。

 

分野は違うが、桑田投手がピッチングフォームについて、

人がいいと言う事は、まず試してみて

それが本当かどうか、そして、

自分に合っているか検証する必要がある。

と言っていた。

 

一つ言える事は、今の自分は遭難したという事。