読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

鷹連80キロ

集合場所の伊坂ダムまで20キロ弱アップ。

今日のメンバーはスカイドンさん、ピグモンさん、ダダさん、

私の4人と少ない。乗鞍組等。

 

ピグモンさんはクレフィールに向けて心を入れ替えたとの事。

ダダさんはニューマシンのサーベロの赤がカッコ良すぎて

勝手に写真とっちゃいました。

 

4人でスタートして暫く走って高速の高架工事中付近で、

ネロンガくん、ナックルくん合流。

 

まずは小島区間。

ダダさんが先頭になるとスピードアップする。

いつも通り何回か回して行く。

 

最後の所で、ダンシングで踏んで先行するが、

後ろからネロンガくん、ナックルくんが来る。

一旦抜かれるも、抜き返し終了。

この2人もしっかり練習して着実に速くなってる。

 

R306石槫の平坦区間。

石槫峠入口手前の直線でナックルくんがペースダウン。

自分もつられて中切れして、置いて行かれる。

追いつく自力が無かった。

 

ネロンガくんが調子良さそう。

ダダさんは絶対抑えている。

 

治田の三岐高架下から自分アタックかける。

太平洋セメント入口付近まで引っ張る。

 

そこから緩めてネロンガくんが飛び出していく。

 

坂本の坂に入る、ネロンガくんが30秒程、

先程の続きより逃げている。

 

ダダさん、私が後ろ待つが、

ネロンガくんが逃げているので

もうやばいだろうという感じになって、

 

ダダさんと私の2名で追う。

先頭交代しネロンガくんとの距離を詰める。

結局追いついたのは最後の信号無し交差点越えてから。

 

残り10メートルくらいになって、

ダンシングで一気に加速して抜いて暫く、

そこそこのペースで走っていたら、

 

後ろから気配が。

直ぐに察知し、ダンシングする。

一瞬並んで見るとネロンガくんだった。

 

お互い切磋琢磨していて、

最後差し切る。2人出し切る。

1人では追い込めないので良かった。

 

 

交差点の道の駅で少し休憩。

ナックルくんがお疲れモードでここで離脱。

心臓がついてこないとの事で、オーバーロード気味

じゃないかと思われる。少し休養が必要かも。

 

心を入れ替えたスプリンター 

ピグモンさんもここで離脱。

 

納豆坂に差し掛かる。

自分早々に切れる。

全く力が出なくなった。

 

前ではダダさんとネロンガくんが淡々と行く。

続いてスカイドンさん。

 

フジワラGCからの山岳区間。

全く力が入らない。

四頭筋に負荷がかかり過ぎている。

サドルが少し高すぎる。

休憩所まで1人遅れて到着。

 

サドル高直して、

休憩後出発。

 

たいぶ力出るようになった。

ニッセンからR306のスプリント区間。

 

最後、スカイドンさん、ダダさん、ネロンガくん、私、

残り200メートルちょいか。

 

ネロンガくん最初に動く、

自分の距離になったのでアタック開始。

 

自分の感覚の中では、

かなりいい感じでスピードに乗った。

 

最後、後ろから気配が。。。

誰?

ダダさんだ。踏みなおすが、

僅差で差される。

 

やっぱり凄い。

カンチェラーラー並みの体格で底知れぬ強さ。

もっとダダさんと走りたい。 

 

その後、いつも通りの交差点で別れて帰宅。

 

午後は、娘2人と各務ヶ原の航空博物館に行くという、

理由づけで、近くで開催されているスペシャライズドの試乗会

行くという計画を密かに考えていたが、

 

女の子にとっては、航空博物館は興味が無く不評。

しかもWebで確認したら、

スペシャ試乗会の予約がいっぱいで受付終了したらしく行先変更。

新型ターマック試乗したかった。。。

 

変更先は四日市のスポーツランド。

アスレチック1周1時間。

階段120段。めっちゃきつく子供に置いてかれた。

パワーウエイトレシオが違いすぎる。

 

汗だくかつヘロヘロでゴール。

ベンチで暫く休んでいたら2周目行くと。

 

理由をつけて、なんとか阻止。

 

その後、スーパースライダーと呼ばれる乗り物に乗った。

これが予想以上に面白く、子供たちも大喜びで2回乗った。

 

帰りにコンビニで娘が『おしゃぶり昆布が欲しい』と言う。

『ソフトクリームにしようと』言うが、昆布の方がいいと。

 

両方買って、3人で食べる。

 

それにしても、

四日市のスポーツランド子供ウケがいい。

 

今日は久々の子供サービスも出来て、

今後の自転車ライフが快適に出来るんではないかと

前向きな気持ちになった。