ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

DAY4 クレフィール湖東 C3クリテリウム結果

サッカーワールドカップ初戦。

生で見たかったが、自転車レースを取った。

 

昨年、C4で残りゴール80メートルくらいで

タイヤバーストして悔しい思いをしたリベンジで挑む。

77名+学連女子3名の80名でスタート

 

絶対に負けられない戦いが始まる。

7周回14キロ。クリテだが上りがある。よって下りもある。

 

この人数なので、スタートはポールポジション取りたい為、

一番に並んでキープ成功。

ローリングスタート無しで、いきなりスタート。

 

またしてもやってしまった。

クリート左足はまらず、無理やりはめようとしたら

凄い勢いでスピンして、いきなり50番手くらいまで落ちた。

落車を避ける為に、前前で行こうという作戦が一瞬で終わった。

 

ワーサイと同じ失敗をした自分が情けない。

同じ失敗をするのは偶然ではないので、

帰りの車の中で対策を考えた。それは余談

 

最初の4周回くらいは、ひたすら順位を少しずつ上げる。

幸い中切れが殆んど無かったので、周回毎に順位を上げる事が出来た。

 

途中2回程、近くで落車があって、パイロンからコースアウトする。

テクニカルコースなので落車が多い。

 

先頭まで出るのに脚を使ったが、

残り3周回で殆ど回復した。

残り2周回、1周回では先頭牽いたりしながら牽制。

 

ゴールは左ヘアピンから上りで100メートルくらい。

走りながらすごく悩んだ。逃げるべきか、スプリントするべきか。

 

ヘアピンでは20キロ以下くらいまで減速して、

上り加速なので、体重軽い方が有利。

実際、何周回も重ねるうち、ここの立ち上がりで、

他の選手より優位に立てている感じが無かった。

 

最後の1周となる。

逃げて集団に飲み込まれるリスクを考えて、スプリント勝負にかける。

 

ヘアピンを2位で通過。残り100メートルくらい。

2位から1位に出る。後ろから1名くる。もう1名くる。

3人並んで一瞬3位になるも、絶対負けない気持ちで踏む。

 

なんとか2位まで出るも、ほんの少しの差で2位だった。

集団スプリントで2位か3位か、ただ1位では無い事は、はっきりわかった。

 

最後、ギヤの選択を間違ってスプリント伸びなかった。

非情に悔しいが、1位の選手が自分より上だった。

 

それでも昨年のリベンジで表彰台に立てた事に今日は満足し、

次は勝てるように精進するだけ。

 

早速動画が見つけました。


Panaracer CUP2014 クレフィール湖東 C3 ラスト1周イン側コース - YouTube

 


Panaracer CUP2014 クレフィール湖東 C3 ゴールシーン - YouTube

 

動画見返したら、やっぱりギヤが重く回転数が遅すぎて伸びなかった。

 

私以外にC4Hにアイロスさん、C2にドラコさん出場。TTにバニラさん。

まずはアイロスさん。

 

最後の1周まで、6番手くらで良い位置。

残り半周で脚が売り切れて8位?

最後の所までついて行っているのでもう少し。

ちょっとの差だと思う。絶対いける。

 

ドラコさん。学連男子と出走。

前半、大学生の牽きでハイペース。

 

スタート位置も後ろの方で厳しい状況。

周回を重ねる毎に、少しづつ順位を上げる。

我慢強いドラコさんらしい走り方。

 

気づいたら先頭集団まで上がってきた。

大学生が先頭数人。ドラコさん追いかけまわす。

 

最後ゴールスプリントになって、

結構いい順位でゴール。

大学生除くと結構いいんじゃない?結果を待つ。

 

結果3位でした。

ヤ勤明けでこの走りは凄すぎ。

 

バニラさんはTT納得行く順位では無かったようですが、

来週、内灘に照準を合わせているのでしょう。

 

会場では、多くの別のチームの方に声をかけて頂きました。

ワイワイ楽しめる大人のスポーツとして最高です。

 

表彰式は少し遅かったですが、

最後まで残って頂いた方、有難うございました。

 

天気も良く、最高の自転車日和でした。