ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

ワーサイ結果

花粉の季節が長引いておりますが、次は紫外線の季節。

今年も絶対にお肌を守る。

金の最強版ウォータープルーフ出発前に忘れない。

値段だけの効果はある。一押し

 

今日は、ワーサイの日。

家から会場まで石槫峠越えで1.5Hrくらいで

7:45分到着。自分的には遠い。

 

準備して受付に向かう途中、

牛さん個人TT走ってるのを見つけ声援。

 

自分のC3Lスタート時間は11:15。

時間つぶし兼アップ20キロ程。

ちなみに会場イメージこんな感じ。C5?

f:id:R306_25:20140427092717j:plain

 

 

 C3Lは 16.5キロ 1.5*11周回 56名。

試走に間に合わなかったので、ぶっつけ本番。

 

ローリングスタートだが車速い。

スタート失敗し出遅れ、中盤まで下がる。

Actualスタートからいきなりペースアップ。

 

平田と同じか少し広いくらいの道路に選手沢山いる。

コーナーが近いので、先頭グループに出るまでに

数周回かかった。かなり脚を使った。

 

先頭グループの後ろで脚を溜める。

先頭ハイペース。

中切れ、ブリッジの悪循環。

 

残り3周回。

最北端のロータリー超えた所で、右前の人が落車。ハスッたのか。

横にいたサカイレーシングの人?巻き込まれたような。

 

自分もブレーキで後輪ロック。

去年パナレーサーカップの同様状況での

バーストがフラッシュバック。

 

なんとか避けきれて、パンクも免れた。

だが、先頭集団との差が広がった。

ここで終わるわけにはいかないので全ての力を出す。

 

最終コーナー手前で追いつく。

後ろ見ると、自分が先頭集団最後尾。

 

残り1周回。

まだ何人前にいて先頭に出る隙が無いし、

ペースが半端なく速い。

 

ロータリー付近で先程の落車の人が

コース上にうずくまっている。

 

コーナー立ち上がりから最終コーナー

目指してアタックがかかる。

直線で伸びていて、もう届かないと判断。

終わった。12位くらい???結果見てない。

 

f:id:R306_25:20140427171205p:plain

 

直線が短く、加減速の連続。加速は48キロくらい。

正直、ここ最近で一番キツイレースだった。

平田C3よりもよりもキツイ。

 

表彰台に上がったメンバーの

みなさんはE1レーサーとの事。

優勝は平田C1クラスの人だった。

 

ハイペースだったので、

もっと前で積極的に行くべきだった。

後ろで間延びして、無駄脚を使った。。

 

今日は勝負にすら絡めなかったので

相当悔しい。初めて平田を走った時を思い出す。

初心に戻って練習するのみ。

 

結構、落車やふらつきで危険を感じる場面があったので、

怪我なしで終えて、経験積めた事だけは良かった。

 

12:30からの抽選会もカスリもせず終了。

14:45帰宅。ちょっと時間長すぎた。

 

会場では、平田C3でご一緒しているWhite Jackの方が

C3Hで表彰台。流石でした。

 

また、スタート待ち時間に、

何度かレース会場やSNSでやりとりのあった

赤のCADD9さんに声をかけて頂いた。

自転車を通して繋がるって素晴らしい。

 

次は、、、

美山も正直出場したい。

アップダウンコースで走りたい。

 

嫁の目を盗んで書いたので駆け脚になりました。