ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

チャレバンのレポート

今日の天気は雨時々曇り。

 

四日市競輪場で行われたチャレバンに初参加。

初心者講習に参加し、初めてのバンクを走った。

 

聞いてはいたが、バンク角度が半端なくきつく、

落ちたら骨折間違いなしと想像する。

しかも雨でグリップの感覚が分からず、

横滑りするんじゃないかと、ビビッて走った。

結局、赤の平坦ラインを殆ど走った。

 

最初1キロタイム測定。

スタート前、

勝手が本気でわからず、スタートギヤ比とか、

巡航ギヤ比とか、ペース配分とか師匠のみなさんに

教えてもらった。

 

とくにドラコ師匠の使用ギヤを聞いて、

スタートする。残り1周でバテた。

所詮1キロと思ったら、めちゃきつでした。

 

しまった、ドラコ師匠のギヤは

自分にはギヤ重すぎました。

1:29と全然。

 

続くスプリント予選。

1.5周の(600m)の

ゴール手前200mのタイムを競う。

 

200m前の最後のバンクを上り勢いをつけて

スタートするのがポイントと教えてもらったが、

バンク怖すぎて上れず、普通に走った。

 

今度はギヤを軽くしたら、軽すぎてお尻が

ピョンピョン浮いたが、修正出来ず終わる。

15秒74 

全体順位からしても全くだった。

 

1ミリサドル下げる。 

 

次はスクラッチ。15周(6キロ)

写真は、A組。鷹組から4人。

ドラコさん、イカルスさん、キッドさん、ネロンガくん

f:id:R306_25:20131110112050j:plain

 

 

自分だけB組。1000m?スプリント?タイムで振り分け。

少しショックを受けながらスタート。

 

これも要領がわからず、

最後尾からのスタートで、

先頭に追い付くまで脚を無駄に使った。

 

追いついてからも先頭交代後、

3番手の人の後ろについたら中切れして、

焦って先頭に再度追いつく。

雨も止んで、負けたくない気持ち先行で

バンクも気が付いたら上っていた。

 

最後、200メートル(半周)の最終コーナー

先頭で入りバンク上って勢いつけたら、

2番手の人も同じラインを取ってビックリ。

 

スプリントして、

2番手の人には勝てると思ったら

3番手の人が大外から追撃してきて、

気づかず慌てて踏み直し、1着ゴール。

ほんと素人走りでした。

 

 

続く、ハンディーキャップ。

2位までが予選通過だったが、

キッドさんと同じ組で、

あっさり抜かれて終了。

 

スプリント決勝。

予選が良くなかったので単純に喜べないが、

とりあえずこれも勝てた。

メダル2個目ゲット。

 

続くケイリン

4周回(1.6キロ)ゴール手前の1周半600メートルで、

先頭誘導員が離脱しスタート。

 

残り300メートルくらいで先頭に立つ。

最後、ゴールスプリントになり、

ほんの少しの差でさされた。

 

ギヤ間違えて1枚重く、踏めずのびなかった。

これは悔しかった。甘い

 

自分の競技は全て終了し、あとは応援。

ハンディーキャップの決勝に、

ドラコさん、キッドさん、イカルスさんが残る。

みんな気合いの入った熱い走り。 

 

キッドさんが最後尾スタートであったが、

少しづつ順位を上げて、ゴールスプリントで、

僅かな差で優勝した。これは応援盛り上がった。

まさに鷹組の脚質オールラウンダーだ。

 

ドラコさんが、運動会と例えていたが、

ほんとうにそういう雰囲気だった。

テンポが良いし、

同じくらいのレベルの人と競えるので面白い。

 

最後は、表彰式や、

みんなで記念撮影などして

はしゃいで盛り上がった。

 

カメラマンはなんと

チャンピオンにお願いするという贅沢。

f:id:R306_25:20131110195624j:plain

 

本日の走行距離は15キロ程度だと思うが、

半端なく疲労が蓄積した。

 

外的要素を受けにくいトラックで、

自分の弱いところがはっきりわかった。

数値で勝てない理由を思い知らされました。

 

追伸

ネロンガくんのブログアドレスをご紹介