読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

覚書 シーラントの入れ方

空気が抜けた状態ではタイヤが潰れていると入らないので

時計の4時または8時の位置にバルブを持って行き、

タイヤのバルブ根元を指でつまんでチューブとの空間を作っておいて注入。

 

追加で空気入れる場合は、12時の位置で入れる事。

違う位置で行うとシーラントが吹き出る。注意!

 

Total重量:70g

ボトル重量:16g

シーラント容量:54g

フロント:27g(ボトル込43g)

リヤ:27g(ボトル込43g)

 

f:id:R306_25:20130925214827j:plain