ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

シマノ鈴鹿 落胆と歓喜

今日の天気は雨。

昨日シマノ鈴鹿土曜日、曇り時々小雨。

昨日のシマノ鈴鹿土曜日を振り返る。

 

我々、鷹組はTTTに3チーム送り込んでいる。

Aチーム(バックファイアー)

 牛さん、ドラコさん、バニラさん、ダダさん

Bチーム(レッドファイアー)

 ゼットンさん、イカルスさん、ジーラスさん、タランチュラーラくん

Cチーム(Cチーム)我ら

その他、個人種目に出場されている方も。

 

自分はCチーム。TTTはレースとしての出場は初めて。

スタートポジションは、

1番手キットさん、

2番手自分、

3番手フックさん、

4番手ナックル君

内容、細かく書くと長くなるので結果から。

24位/312位 26:31.89(Ave8:50/周)39.40km/h

 

キットさんの牽きが強く、何度も『待って』と叫ぶ。

キットさんが頑張るので、自分も能力以上に牽いてしまい、

特に坂担当だったので、脚を使い過ぎて、ラストの3周目

シケイン抜けた下りで切れてしまった。

心の中で『鷹組最強』と叫んで消えていった。

 

恐れていた事をやってしまった。

チームのみんなには申し訳ない。

 

キットさんは本当に強かった。牽く時間も長いし、

後ろを確認する余裕も。。

フックさんも安定した走りで助けられました。

なんと言ってもナックルくん、

最後まで走りきった事は本当に凄い。

 

自分としては、凄い残念な悔しい結果ではあったが、

出し切ったし、今出来る事はここまでだった。

一緒に走った(走りきってくれた)

チームのみんなに感謝したい。

 

決して調子は悪くなかったが、

今後の為になぜ切れたのか分析し、

弱点を克服していく必要がある。

 

PTのDataを見る限り、

スタート直後、いきなり400W越え。

徐々に上げていく必要があった。

先頭に立った時325W程度。

レースという事と坂担当で登りきるまで

と言う気持ちが強すぎて牽く時間が長すぎて

回復できなかった。

分かっているけどFTP向上するしかない。

 

変わって歓喜。

Aチームはなんと優勝!!

Bチームは6位

 

凄すぎる。鷹組最強だ。

いつも一緒に走っている人達が、

ホビー最高峰の大会で頂点に立った。

Bチームも凄い。入賞だ。

 

表彰式は凄く嬉しいし、誇りに思った。

最強の人達と練習出来る環境と

人間的にも素晴らしいメンバーに感謝したい。

 

f:id:R306_25:20130824145041j:plain

 

 

4000のヒットを打つには、

8000回以上は悔しい思いをしてきた

イチロー