ルート306(from R306 with a bicycle)

自転車やランニング等、自分のモチベーションを保つ為にトレーニング記録をつづっております

平田クリテC3

 

今日の天気は雪。

5時目が覚める。

絶対無いだろうと思っていたら、平田クリテ開催。

 

三重北部は雪だけど、

平田の方へ車を走らすと、路面は濡れているが

雪も雨も降っていない。

 

9時までコース3周走りアップ。

北風が強くバックストレート全然進まない。

その後、時間まで車で暖を取る。

 

スタートして、いつも通り集団中盤の潜伏走法。

4周目くらいのバックストレートで、

前の人が振らついて、ハスッたのか?

落車。直ぐ後ろの人も避けきれず落車。

 

続いて、直ぐ後方を走っていた自分は

急ブレーキで間一髪踏まずに避けきれた。

その間、前との差があっという間に広がった。

 

全開で追いついたが、

かなり脚を使った。

 

その後、第2コーナー立ち上がりから

バックストレートに入った所で、

中切れに気づくのが遅れて、

 

集団から切れる。

逆風で追いつかない。

必死に追いつこうと踏むが、

加速力が無い。

 

終わった。

完全に終わった。

15位よりも後ろ?先頭集団見えない。

一人でフィニッシュ。自分が最後だった。

 

苦手な風と自分の実力の無さにがっかり。

正直優勝狙っていたし、ゼッケンNo.2を

つけている事すら恥ずかしい。

 

負けを分析すると、

ポジションをいじった事。

苦手な風。パワー不足。

集団での位置。

いろいろある。

 

悔しいので帰宅してローラー。

 

C1でも激しい落車があった。

本当に酷い落車だった。

前にも書いたが、落車の可能性が付きまとう。

 

特にコース幅が狭いわりにスピードが乗るので

リスクが高い。

 

今までバックストレートでの落車。

ホームストレートの直線から若干

曲がっている箇所の落車。

危険個所が潜んでいる。

 

あくまで趣味で、

みんな走っているので

もう一度、安全に走る方法を

考える必要がある。